NTTホームゲートウェイ(HGW)のPPPoE設定とひかり電話の鳴り分け設定方法を分かりやすく解説(RV-440KI/MI/NE、PR-400KI/MI/NE、PR-500KI/MI、RS-500KI/MI、RT-500KI/MI、RX-600KI/MI編)

NTTホームゲートウェイ(HGW)のPPPoE設定とひかり電話の鳴り分け設定方法を分かりやすく解説(RV-440KI/MI/NE、PR-400KI/MI/NE、PR-500KI/MI、RS-500KI/MI、RT-500KI/MI、RX-600KI/MI編)

ことみ

フレッツ光の工事が無事に終わりNTTのホームゲートウェイにPPPoEと電話の設定を説明書を見ながらやってみたけど設定ができませんでした

NTTフレッツ光やコラボ光(ドコモ光ソフトバンク光OCN光So-net光など)無事に光回線が開通できたので取合えず一安心できた所で次の難関と言えば

インターネットに接続する為のプロバイダーから届いたIDとパスワードを入力するプロバイダー(PPPoE設定)とひかり電話を2番号契約している場合は鳴り分け設定が必要になります。

普段からルーター設定をしていてネットワークに詳しい方には大したことない簡単な設定ですが分からない方にはとても難しくホームゲートウェイの説明書にも設定方法が書かれていますが解説がとても分かりにくい為

ことみ

説明書を見ながらPPPoEの設定をしてもインターネットに繋がらないし電話のなり方も変だしルーターの設定方法を教えてください

このような問合せがとても多く(受付担当が回線故障や機器不良の場合はNTT・設定についてはプロバイダーに問合わせるように案内しないのも原因)NTT側の工事内容は光回線を用意する所までで設定に関しては申込者側でホームゲートウェイ設定をします。

プロバイダー情報(ISP)設定やひかり電話の番号が2番号あり鳴り分け設定が不安な場合はレンタルHGW設定、ひかり電話オプション工事費(どちらも1000円)で追加設定する事も可能なので工事担当者に相談しましょう。

みこと

今回はインターネット・光電話を使う為の最初の難関であるNTTホームゲートウェイ(HGW)のPPPoE設定とひかり電話の鳴り分け設定のやり方を解説します

ホームゲートウェイ(HGW)はと?

ホームゲートウェイ(HGW)と言えばインターネットに接続する為のネットワーク機器全般の事をいいますがNTTフレッツ光・コラボ光の場合はONU(光回線終端装置)とルーター・ひかり電話・無線LANなどの機能が一体化したひかり電話対応ルーターの事で工事を申込んだサービスにより取付けるホームゲートウェイが異なります。

光配線方式の場合PR-〇〇KI/MI、VDSLの場合はRV-〇〇KI/MIを取付けますがNTT側の在庫端末状況によりONU+RT〇〇KI/MIorRX600KI/MI、VH100シリーズ+RT〇〇orRX600になる場合があります

PR-500KI,MIなど最後のアルファベット2文字はKI(沖電気)、MI(三菱電機)、NE(NEC日本電気)とメーカーの違いでだけで機能の違いなどはありません

VDSL方式で取付けるホームゲートウェイ

契約プラン取付端末
インターネットのみVH-100<2>E<N> VH-100<2>E<S> VH-100<3>E<N> VH-100<3>E<S> VH-100<4>E<N> VH-100<4>E<S> + 購入したルーター
インターネット + 無線(RV340SE RV340NE)+SC32SE SC32NE
(RV440SE RV440NE)+SC40NE<2>
VH-100シリーズ+(RT-400KI RT-400MI RT-500KI RT-500MI RX-600KI RX-600MI)+SC40NE<2>
光電話 + 無線なしRV340SE RV340NE RV440SE RV440NE
VH-100シリーズ+(RT-400KI RT-400MI RT-500KI RT-500MI RX-600KI RX-600MI)
光電話 + 無線あり(RV340SE RV340NE)+SC32SE SC32NE
(RV440SE RV440NE)+SC40NE<2>
VH-100シリーズ+(RT-400KI RT-400MI RT-500KI RT-500MI RX-600KI RX-600MI)+SC40NE<2>

光配線方式で取付けるホームゲートウェイ

契約プラン取付端末
インターネットのみGE-PON-ONU+ 購入したルーター
インターネット + 無線(PR-400KI PR-400MI PR-500KI PR-500MI)+SC40NE
RS-500KI RS-500MI
GE-PON-ONU+(RT-400KI RT-400MI RT-500KI RT-500MI RX-600KI RX-600MI)+SC40NE
光電話 + 無線なしPR-400KI PR-400MI PR-500KI PR-500MI
ONU+(RT-400KI RT-400MI RT-500KI RT-500MI RX-600KI RX-600MI)
光電話 + 無線あり(PR-400KI PR-400MI PR-500KI PR-500MI)+SC40NE
RS-500KI RS-500MI
GE-PON-ONU+(RT-400KI RT-400MI RT-500KI RT-500MI RX-600KI RX-600MI)+SC40NE

ホームゲートウェイ(HGW)の設定方法

みこと

それではHGWの設定方法を解説します。今回はRT-500MIを使っていますが他の機種でも設定項目は同じなので参考にしてくださいね

基本的なホームゲートウェイの初期設定方法はこちらの流れです。

HGW設定方法
1:機器設定用パスワードの初期設定
2:PPPoE(インターネット)の接続設定
3:ひかり電話の鳴り分け設定(ひかり電話がある場合)
4:その他設定(環境によって設定する)

機器設定用パスワードの初期設定

NTTホームゲートウェイ(HGW)設定をするにはパソコンとホームゲートウェイのLANポート1から4に繋ぎます。Wi-Fi(無線)の契約をしている場合は本体の裏面に

SSIDと暗号化キーが書かれたシールが貼ってありパソコンやスマートフォンのWi-Fi(無線)設定画面を見るとSSID1から3の電波が拾えるようになります。

SSIDと暗号化キーが書かれたシールが貼ってありパソコンやスマートフォンのWi-Fi(無線)設定画面を見るとSSID1から3の電波が表示されるよので選んで接続します。

無線接続設定方法はSSID1から3の電波を選択するとパスワードを聞かれるのでSSID1なら暗号化キー1、SSID3なら暗号化キー3のパスワードを入力します。

SSID3は5GHz帯の電波を使用します。少し型の古いパソコンやスマートフォンで対応していない場合は表示されないので2.4GHz帯のSSID1を使います。

初期設定をする時はSSID1か3を選びますSSID2はセキュリティーが高いけど設定が面倒くさい(MACフィルタリング機能設定をする必要がありパソコンやスマートフォンなど無線接続する端 末のMACアドレスをHGWに設定する必要がある為)

パソコンやスマートフォンとホームゲートウェイを接続する事ができたらブラウザ(Internet Explorer/Chrome/Firefox)などのアドレスバーにhttp://ntt.setuphttp://192.168.1.1/と入力する事で機器設定用パスワードの初期設定という画面が表示されます。

パソコンやスマートフォンとホームゲートウェイを接続する事ができたらInternet Explorer、Chromeなどのブラウザのアドレスバーにhttp://ntt.setupかhttp://192.168.1.1/と入力する事で機器設定用パスワードの初期設定という画面が表示されます。

第三者による不意のアクセスや設定変更を防止する為に機器設定用のパスワードを決めて2回(パスワードとパスワード再入力)入力します。

みこと

パスワードを忘れてしまうと設定変更ができなくなり最悪初期化する必要があるのでパスワードを決めたらメモする事が大切です

機器設定用パスワードを設定したらもう一度ブラウザのアドレスバーにhttp://ntt.setuphttp://192.168.1.1/と入力するとひかり電話ルーターの設定画面に入るユーザー名とパスワードを聞かれます。

機器設定用パスワードを設定したらもう一度http://ntt.setupかhttp://192.168.1.1/と入力するとユーザー名とパスワードを入力します。

ユーザー名に『user』と入力パスワードは機器設定用で決めた『パスワード』を入力してログインをクリックします。

次のページ(初回時のみ)インターネットに接続する必要最低限の設定するウィザード画面が表示されます。

(初回時のみ)インターネットに接続する必要最低限の設定するウィザード画面が表示されます。

接続先の設定項目の接続先名(OCN、ドコモ、ソフトバンク)などプロバイダー名を入力します。接続先ユーザ名と接続パスワードはプロバイダ(ISP)情報の書類を見ながら正しく入力します。

みこと

IPv6の場合やPPPoE設定を後でする場合はインターネット接続設定をしないに☑を入れて設定をクリックして次に進みましょう

PPPoE(インターネット)の接続設定

初回時のみに表示されるウィザード画面で設定した『ユーザー名』『パスワード』の入力間違いでPPPランプが緑点灯しなかったり後で設定するから飛ばした場合は

基本設定➡接続先設定(IPv4 PPPoE)➡編集➡接続先設定の項目をプロバイダ(ISP)情報の書類を見ながら設定します。

NTTコミュニケーション(OCN)の場合では書類に書かれている認証ID(接続ID)〇〇〇〇〇@one.ocn.ne.jpと認証パスワード(接続パスワード)〇〇〇〇〇を入力します。


インターネットに接続するIDとパスワードを正しく入力するとPPPランプが緑点灯光電話用ルーターの設定画面で確認するならメインセッションの状態が接続中になれば設定完了でインターネットを楽しむ事ができるようになります。

みこと

PPPランプが緑点灯しない場合は書類を確認して数字の0アルファベットのOや大文字Iと小文字のlなど入力間違いが無いか確認しましょう

ひかり電話の鳴り分け設定(ひかり電話がある場合)

ひかり電話の鳴り分け設定は1番号の場合はナンバーディスプレイの設定をするかしないかの設定位で特別な設定は必要ありませんが、2番号ある場合はホームゲートウェイ(HGW)の裏側に電話機1、電話機2(機種によってはTELになっている)電話の差込口があり、電話機ポートに着信番号ごとの鳴動音の鳴り・ 分けを行うことができます。 

例題:

電話とFAX用に2番号契約しました鳴り分け設定をしていないので

ポートごとに2つの番号が流れないように0011をポート1で電話用0022をポート2でFAX用に設定をしてFAXで使う番号はナンバーディスプレイを外した設定をしたい場合

例:電話とFAX用に2番号契約しました鳴り分け設定をしないとポートごとに2つの番号が流れてしまうのでポート1に0011ポート2に0022が流れるように設定をしてFAXで使う番号はナンバーディスプレイを外した設定をしたい場合

電話設定➡内線設定➡内線設定(アナログ端末1)と(アナログ端末2)を設定変更します。

ひかり電話設定の項目はひかり電話を契約している場合に表示されます。

電話設定➡内線設定➡内線設定(アナログ端末1)と(アナログ端末2)を設定変更します。ひかり電話設定の項目はひかり電話を契約している場合に表示されます。

TELポート1の設定方法はひかり電話設定の

1:割込音通知の使用するの☑を外す

2:通知番号の11をクリックして☑を入れる

3:着信番号は初期状態では11と22に☑ボタンが入っているので22の☑を外して

設定ボタンをクリックします。

電話機で直接設定するには?

1:割り込み通知設定

受話器を上げる ***99 1(ポート1) *93*2(1使用するor2使用しない) ## 受話器を置く

2:着信番号設定

受話器を上げる ***991(ポート1) *94* 0311110011(ポート1で使う電話番号) ## 受話器を置く

TELポート2の設定方法はひかり電話設定の

1:割込音通知の☑を外す

2:ナンバーディスプレイの使用するの☑を外す

3:通知番号の22をクリックして☑を入れる

4:着信番号は初期状態で11と22に☑ボタンが入っているのでは11の☑を外して

設定ボタンをクリックします。

電話機で直接設定するには?

1:割り込み通知設定

受話器を上げる ***99 2(ポート2) *93*2(1使用するor2使用しない) ## 受話器を置く

2:ナンバーディスプレイ設定

受話器を上げる ***992(ポート2) *93*2(1使用するor2使用しない) ## 受話器を置く

3:通知番号設定

受話器を上げる ***992(ポート2) *94* 0311110022(ポート2で使う電話番号) ## 受話器を置く

みこと

ひかり電話の鳴り分け設定は電話機で直接設定する事も可能ですがとても面倒くさいのでパソコンで設定するのをおススメします

その他設定(環境によって設定する)

NTTホームゲートウェイ設定の最初の難関であるPPPoE設定とひかり電話なり分け設定が終われ一安心でインターネットを楽しむ事ができますが環境によってホームゲートウェイのIPアドレスを変更したい、Wi-FiのSSIDとパスワードを変更したい場合にはご利用環境によって追加設定をする必要になります。

無線LANのSSIDと暗号化キーを変更する

SC-40NEやRS500KI/MIなど無線LANを利用している方は本体裏面に貼ってある初期状態のSSIDと暗号化キーを変更する事ができます。

無線LANのSSIDと暗号化キーの変更はセキュリティ対策の向上と無線の電波が多く飛んでいる場所ではどれが自分のSSIDなのか?区別がつかなくなるので初期状態でも特に問題はありませんができれば変更する事をおススメします。

SSIDと暗号化キーを変更するには

無線LAN設定の項目からSSID1と2を変更する場合はIEEE802.11b/g/n設定(2.4GHz)SSID3を変更するにはIEEE802.11ac/n/a設定(5GHz)の編集をクリックして設定画面に移動します。

無線LANのSSIDと暗号化キーの変更はセキュリティ対策の向上と無線の電波が多く飛んでいる場所ではどれが自分のSSIDなのか?区別がつかなくなるので初期状態でも特に問題はありませんができれば変更する事をおススメします。

SSIDを変更するには無線ネットワーク名(SSID-1から3)の項目に自分で使うのに分かりやすい名前に変更します。この写真では『mikoto2.4ghz』に変更しています。

暗号化キーを変更する場合は事前共有キー(PSK)の項目を変更します。セキュリティ対策の為になるべく英数字を混ぜて桁数を多くする事をおススメします。

無線ネットワーク名と事前共有キーのを変更したら設定をクリックしてパソコンやスマートフォンのWi-Fi設定画面でこの写真のように変更したSSIDが表示されていれば設定完了です。

MACアドレスフィルタリング設定

ことみ

PPPoEの設定は出来ていてLANケーブルで接続するとインターネット繋がるけど無線だと繋がらないので設定方法を教えてほしいです

このような工事完了後にLANケーブルで直接接続するとインターネットに繋がるけど、無線接続だと繋がりませんと、問合せがよくあり接続状況の確認をするとMACアドレスフィルタリング機能がある

SSID2を使っているため無線接続ができていない確率が高いのでもし無線接続で繋がらない場合はSSID1から3のどれで接続しているかを確認しましょう。

MACアドレスフィルタリング機能があるSSID2を使いたい場合はパソコンやスマートフォンの端末ごとの物理MACアドレスをホームゲートウェイに登録する必要があります。

物理MACアドレスの確認方法は
パソコンの場合コマンドプロンプトでipconfig/allでWireless LAN adapterの項目に表示された物理アドレスA1-B2-C3-4Eなど英数字12桁

スマートフォンの場合は端末ごとに違うので説明書で表示方法を確認します。

端末ごとの物理MACアドレスを確認する事ができたらホームゲートウェイに端末情報を登録します。

MACアドレスフィルタリング機能

物理アドレスを登録するには無線LAN設定➡MACアドレスフィルタリング➡編集➡MACアドレス(指定)の項目に登録する端末の物理アドレス12桁を入力します。

みこと

個人的にはMACアドレスフィルタリング機能を設定するよりSSIDとパスワードを複雑にした方がセキュリティ対策になり設定も簡単です

ホームゲートウェイのIPアドレスを設定変更

ことみ

ネットワークプリンターや特殊な危機を使う為ホームゲートウェイのIPアドレスを変更したいです

普段使いなら特に変更する必要はありませんが、プリンター、防犯カメラ、VPN用の特殊なネットワーク機器を取付けるなどでホームゲートウェイのIPアドレスを変更したい場合は

普段使いなら特に変更する必要はありませんが、プリンター、防犯カメラ、VPN用の特殊なネットワーク機器を取付けるなどでホームゲートウェイのIPアドレスを変更したい場合は

ホームゲートウェイのIPアドレスを変更するには詳細設定➡DHCPv4サーバー設定➡LAN側IPアドレス/マスク長の項目に192.168.100.1などネットワーク環境によって変更します

デフォルトゲートウェイのアドレスを変更したらDHCPv4サーバの開始IPアドレスを変更します今回の例では192.168.100.1なのでアドレスが同じにならないように192.168.100.2などに変更します

みこと

IPアドレスを変更すると再起動が掛かり変更したIPアドレスでホームゲートウェイのログイン設定画面に入れるかを確認しましょう

ホームゲートウェイを初期化する

ことみ

ホームゲートウェイの設定をしたらネットワークに繋がらなくなってしまったので初期化する方法を教えてほしいです

ホームゲートウェイIPアドレス変更など設定項目を色々と変更したらネットワークに繋がらない、電話の鳴り分け設定も変になってしまった

最悪の場合ホームゲートウェイ設定画面に入る事が出来なくなってしまう事がありこのような場合は悩まず初期化して最初から設定する事をおススメします。

ホームゲートウェイを初期化する

ホームゲートウェイの初期化をするにはメンテナンス➡設定値の初期化➡状況に応じた初期化ボタンをクリック

完全に初期化をする場合は工場出設定に戻すをクリック

全てを初期化しないで電話、インターネット、無線LANなど部分的に初期化する事もできます

みこと

HGWの設定画面にも入れなくなった場合は本体の初期化(INIT)ボタンを楊枝や安全ピンなどで長押しながら電源を入れて初期化します

NTTホームゲートウェイ(HGW)の設定方法まとめ

光回線工事が無事に終わっただけでは電話、インターネットを楽しむ事は出来ません。ネットワークの設定に詳しい方には簡単な設定ですが、分からない人にはとても難しく最初の難関でもあります。

プロバイダー情報(ISP)設定やひかり電話の鳴り分け設定が不安な方は工事担当者に相談すればレンタルHGW設定、ひかり電話オプション工事費(どちらも1000円)で追加設定する事も可能です。

みこと

今回は光回線工事が終わった直後や翌日にインターネットと電話設定が分からないと問合せが多い設定方法の紹介ですぜひ参考にしてください

Windows PCに直接PPPoE設定をする方法

mikotoniomakase.com

フレッツ光回線の工事内容について

電話回線工事について

NTTを名乗る悪質勧誘について

mikotoniomakase.com

電話や光回線工事をする時に開錠が必要なMDF/IDF/EPSについて

mikotoniomakase.com

#NTT東日本 #NTT西日本 #ホームゲートウェイ #HGW #フレッツ光 #OCN光 #ドコモ光 #ソフトバンク光 #ひかり電話 #みことにおまかせ

投稿日2021/2/10 21:00 書いた人Mikoto Mikaka



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です