エポスカードを偽る【重要なお知らせ】エポスNet ID必要の再アクティブ化リクエストという迷惑メールに登録しました

エポスカードを偽る【重要なお知らせ】エポスNet ID必要の再アクティブ化リクエストという迷惑メールに登録しました

ことみ

エポスカードは持ってないのに【重要なお知らせ】エポスNet ID必要の再アクティブ化リクエストと怪しいメールが届きました

迷惑メールの設定をしていますが相変わらず毎日のように架空請求業者から詐欺メールがたくさん届きウンザリしています。

今回はEPOS(エポスカード)を偽る架空請求業者から【重要なお知らせ】エポスNet ID必要の再アクティブ化リクエストという詐欺メールが来たので、実際にメールが来た時の対処方法と登録するとどうなるのか?実験してみました。

この実験は十分なウイルス対策をしてWindowsやLinux上でVMwareと言う仮想ドライブで別のOSを動かしてステアカウントを使い実験をしています。

みこと

とても危険な実験をしています絶対にマネをしないで下さいね

EPOS(エポスカード)を名乗る迷惑メールの内容

EPOS(エポスカード)を名乗る迷惑メールの内容

件名: 【重要なお知らせ】エポスNet ID 必要の再アクティブ化リクエスト

From: みこと(自分のメールアドレス)
To:   みこと

みこと@yahoo.co.jp 様 
いつも弊社カードをご利用いただきありがとうございます。
 
昨今の第三者不正利用の急増に伴い、弊社では「不正利用監視システム」を導入し、24時間365日体制でカードのご利用に対するモニタリングを行っ ております
 
利用確認はこちら
 https://www.eposcard.co.jp  お客様のセキュリティは弊社にとって非常に重要なものでございます。 ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

※本メールはご登録いただいたメールアドレス宛に自動的に送信されています。 ※本メールはご登録いただいたメールアドレス宛に自動的に送信されています。

株式会社  エポスカ 
東京都中野区中野4-3-2
https://www.eposcard.co.jp  

Copyright All Right Reserved Epos Card Co, Ltd 無断転載および再配布を禁じます。

EPOS(エポスカード)の偽サイトを見てみた

EPOS(エポスカード)の偽サイトを見てみた

迷惑メールのリンク先をクリックすると下記のリンク先

https://epose.card-servicees.info/はYahoo JAPANのサイトではありません。IDとパスワードを要求するサイトには注意してくださいと表示されますが

みこと

警告を無視してEPOS(エポスカード)を名乗る『迷惑メール』のリンク先から偽サイトに移動しますが皆さんはメールを削除して下さいね

偽物のエポスNetマイページログイン画面に適当な情報を入力

迷惑メールのリンク先をクリックすると偽物のエポスNetマイページログイン画面が表示されます。

偽サイトのアドレスはhttps://epose.card-servicees.info/
本物のアドレスはhttps://www.eposcard.co.jp/memberservice/pc/

みこと

本物と偽サイトを区別するにはアドレスを確認する事がとても重要になります。

エポスNetマイページログイン

EPOS(エポスカード)の偽サイトに適当な情報を入力

重要なお知らせ

弊社を装ったメールや偽ログインページを用い、お客さまにパスワードなどの入力を促す事例が報告されています。第三者に不正利用をされないように十分にお気をつけください。
また、パスワードは定期的に変更していただくなど、第三者に知られないようにご注意ください。

本物のサイトと信じ込ませる為に重要なお知らせと注意喚起がありますがこちらは偽サイトです。

エポスNet ID: みことみかか

パスワード: damasarenaiyo

ログインをクリックして次の画面に移動します。

エポスカードのご登録情報

エポスNet IDパスワードを入力したらクレジットカード情報も適当に入力します。

エポスカードのご登録情報のアドレスはhttps://epose.card-servicees.info/login.phpです

エポスカードのご登録情報のクレジットカード情報を入力

エポスカードのご登録情報
下記の項目を入力・選択いただき、最後に「次へ」ボタンを押してください。入力項目が赤いものは必ず入力してください。

カード番号: 6987-3465-1213-5689

エポスカードのご登録情報のクレジットカード情報を入力2

有効期限とセキュリティコードを適当に入力します。セキュリティコードは記号で入力してもエラーで再入力を求められません。

有効期限: 1月99年

セキュリティコード: ???

エポスカード生年月日電話番号を入力

生年月日: 1921(大正10年) 02/06

電話番号: 1-1-0(110)

カード番号と連絡先を適当に入力したら次へをクリックすると

この epose.card-servicees.info ページが見つかりません次の https://epose.card-servicees.info/done.php のウェブページは見つかりませんでした:https://epose.card-servicees.info/done.php
HTTP ERROR 404 とページが削除されていました。


epose.card-servicees.info ページが見つかりません次の https://epose.card-servicees.info/done.php のウェブページは見つかりませんでした:https://epose.card-servicees.info/done.phpHTTP ERROR 404 とページが削除されていました

【重要なお知らせ】エポスNet ID必要の再アクティブ化リクエスト(まとめ)

今回は『EPOS(エポスカード)』を偽る架空請求業者の【重要なお知らせ】エポスNet ID必要の再アクティブ化リクエストという詐欺メールに登録するとどうなるのかを紹介しました。そしてフィッシング詐欺に騙されないようにする為には

注意すること
契約内容の確認は公式サイトから
アドレスで確認する
間違って登録してしまった場合は

契約内容の確認は公式サイトから

迷惑メールの設定をしても全てのメールが迷惑メールを迷惑フォルダーに自動的に移動してくれるとは限りません。

メールの文章を見れば文章がおかしいので区別できそうですがチョットでも怪しいと思うなら即メールを削除そして契約内容の確認は公式サイトからログインして確認しましょう。

アドレスを確認する

メールのリンク先からログインする場合はアドレスを確認しましょう。例えばamazonの場合本物のサイトはamazon.co.jpですが、偽物のサイトはannazon.co.jpでmの部分がnnになっていたりamazone.co.jpなどよく見るとチョット違う部分があるのでよく確認して下さい。

フィッシングサイトに間違って登録してしまった場合は

間違ってフィッシングサイトに登録してしまった場合はクレジットカードを不正利用されてとんでもない金額を請求される前にカード会社に連絡して利用停止の手続きをしましょう。

その後は警察に相談して『被害届』を提出しないと『保証適用外』で自分で使ってないのに全額支払わないといけなくなります。

このあたりに注意すれば被害に合う確率が低くなります

絶対にマネをしないでください!

最初にも書きましたがこの実験はウイルス対策をしてVMwareと言われるwindowsやLinuxなどのOS上で仮想ドライブを使って別のOSを動かしステアカウントを使って実験しています。

みこと

とても危険な実験をしています絶対にマネをしないでね。また怪しい迷惑メールが届いたら登録するとどうなるのか紹介したいと思います

#みことにおまかせ #はてなブログ #wordpress #架空請求 #迷惑メール #詐欺メール #注意喚起 #拡散希望 #フィッシング詐欺 #クレジットカード #エポスカード

投稿日 2021/2/06 21:00 書いた人Mikoto Mikaka



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です