電話や光回線工事の時に開錠が必要なMDF・IDF・EPSとは何か工事当日はどこを開ければいいのかも分かりやすく解説します

電話や光回線工事の時に開錠が必要なMDF・IDF・EPSとは何か工事当日はどこを開ければいいのかも分かりやすく解説します

ことみ

電話工事・光回線工事を申込んだ時にNTTの受付にMDF/IDF/EPSを解錠して下さいと言われたけど、どんな作業をするの場所か知りたいです?

電話工事・フレッツ光回線の工事を申込んだ時にNTTの受付担当から工事当日にはMDF/IDF/EPSで作業できるように事前に管理会社に連絡してくださいと言われますがよく分からないし何で作業できるようにしないとダメなのか?

工事当日にMDF/IDF/EPSを連絡しなくても工事可能な建物はありますが
ほとんどの建物では開錠が必要になり作業が工事出来ない場合は開通できずに工事延期になる可能性が高くなります

みこと

今回は回線工事をする時にとても重要なMDF/IDF/EPSについてと工事当日にどこを開錠すればいいのか?いくつかの例を紹介します

MDFとは何か?

ことみ

MDFという言葉は聞いた事があり大本の電話や光回線の設備がある場所としか分かりません?

MDF (Main Distributing Frame)の略で、主配線盤(しゅはいせんばん)といわれる設備です。

MDFとは建物にある大本の電話回線・光回線の設備という事を何となく聞いた事がある方もいるかと思いますがその通りでビルやマンションでの回線工事をする時にはとても重要な設備になります。

MDFとは『Main Distributing Frame』の略で、主配線盤(しゅはいせんばん)と訳されます。

ビルやマンションなどの集合施設の場合は建物近くの電柱や地下から毎回メタル線や光ファイバーを引込まなくてもいいようにNTTの収容局から建物のMDFまで建物に応じた配線数を引込み制御盤を設置するためMDFからの配線作業になります。

MDFとは『Main Distributing Frame』の略で、主配線盤(しゅはいせんばん)と訳されます。

MDFにはその建物の電話回線設備が集まっている為ほとんどの場合はカギが掛かっています。回線工事業者が持っているタキゲンの共通カギで開けられればいいのですがビル専用の特殊なカギの場合は、工事当日に管理会社に回線工事がある事を連絡していない場合は作業ができず工事が延期になる場合があります。

MDFがある場所は建物や規模によって変わりますが写真のように大きな建物の場合は専用のMDF室・通信機械室や電気機械室という表記になってる事もある(写真1枚目)その他には

管理人室・防災センター・駐車場内や小さい建物では共用廊下などにMDF・や電話端子盤と書かれたカギが掛かって開けられない扉(写真2枚目)や建物の外壁にある場合もあります。

みこと

回線工事の作業内容によってはMDFを開錠しなくても作業できる場合でもトラブル時に作業で入る場合もあるので開けておきましょう

IDFとは何か?

ことみ

MDFは何となく建物の電話・光回線の設備がある場所がある場所とわかりますがIDFとは何ですか?MDFと同じでは

IDF(Intermediate Distribution Frame)の略で高層マンションや大規模な商業ビルなど大きな建物では、各階ごとなどの単位の中間配電盤(ちゅうかんはいでんばん)といわれる設備です。

MDFと同じくIDFも建物によりますが通信機械室・電気機械室、共用廊下にIDF盤・電話端子盤と書いてあったり、共用部点検口の中にある場合もあります。

IDFの場合は回線工事業者が持っているタキゲンなどの共通キーで開けられるタイプが多く管理会社に連絡するのを忘れても大丈夫な場合がありますが確実に大丈夫とはいえません。

IDF(Intermediate Distribution Frame)とは、高層マンションや大規模な商業ビルなど大きな建物では、各階ごとなどの単位の中間配電盤と言われる設備です。

MDFから各階IDFまでメタル線が引込まれていてMDFが1Fで開通場所が5Fの場合はMDFから5FIDFに配線されているメタル線をジャンパー接続する事で各階の縦の配線が不要になり作業時間が短縮されますが

ごく稀に設備不良や他の人が多数回線利用している為設備に空きが無い場合はMDFから設置場所までの配線か設置場所の上下階のIDFからの配線になる場合もあります。

みこと

IDFもMDFと同じく開錠しておかないと工事ができない場合があるので管理会社にMDFとIDFを開けてほしいと伝えましょう。

EPSとは何か?

ことみ

回線工事を申込んだ時にEPSも開錠して作業できるようにしてくださいと言われたけどEPSとはなんですか?

EPS(Electric Pipe Space / Shaft)の略でビルやマンションなど建物の規模によりますが大きな建物になるほど各階にある電気(強電用)と電話・光回線・TV・携帯基地局(弱電用)などの2つに分かれ電気通信設備がある専用スペースの事をEPS室といいます。PSは水道やガスなので専用設備のあるスペースですが小さい建物の場合はPS内に弱電/強電/などの電気通信設備と1つにまとまっている場合があります。

EPS(Electric Pipe Space / Shaft)の略

皆さんも写真のようなカギのかかった扉を見た事あるのでは?建物によっては電気機械室や通信機械室という表記になっている場合もありMDFから各階の弱電用EPS室を経由して設置場所までメタル線や光ファイバーを引込みます。

電気機械室や通信機械室という表記になっている場合もありMDFから各階の弱電用EPS室を経由して設置場所までメタル線や光ファイバーを引込みます。

IDFとEPSは各階にある通信設備と一緒にしてしまいがちですがEPS室の中にIDF(中間配電盤)があるが正解です。

みこと

IDFとEPSの関係はサーバールームの中にサーバーがあるとイメージすると分かりやすいと思います

電話工事・光回線工事にをする時に作業できるように開錠しておく場所とは?

何となくMDF/IDF/EPSの違いが分かった所で工事当日に管理会社に連絡をして作業できるように開錠依頼をしておく場所の例をいくつか紹介します。作業する場所は回線種別によって変わるので工事内容を事前に確認しておくことが大切です。

みこと

できれば工事当日は管理会社に立会ってもらうのが一番いいですが駄目な場合に必要最低限開けておく必要がある場所を紹介します

アナログ・ISDN・VDSLのメタル線を使った工事の場合

アナログ・ISDN・VDSL回線の工事の場合は建物のメタル線設備を利用しての配線工事になり基本的にはIDFとは何かで紹介したとおりでMDFから各階のIDFの配線にジャンパー線を繋ぐ事で縦の配線が不要になります。

アナログ・ISDN・VDSLのメタル線を使った工事の場合その1

アナログ・ISDN・VDSLのメタル線を使った工事の場合

アナログ・ISDN・VDSLのメタル線を使った回線工事で1FにMDFがあり開通場所は4Fの場合です。

作業内容としてはMDFから4FIDFに配線されている線をジャンパー線で接続して4FIDFから設置場所までメタル線を配線します。メタル線を利用した回線の場合はMDFからIDFの線が設備不良・工事申込者が多数回線を利用していて設備の空きが無い限り縦の配線は不要なので

必要最低限開けておく必要がある場所はMDFと4FIDFになります。

アナログ・ISDN・VDSLのメタル線を使った工事の場合その2

建物によってはIDFが奇数階偶数階にしかない建物の場合

建物によっては1F、3F、5Fの奇数階や2F、4F、6Fの偶数階にしかIDFが無い建物があります。このような建物でアナログ・ISDN・VDSLのメタル線を使った回線工事で1FにMDFがあり開通場所が4Fの場合工事内容は

MDFから5FIDFに配線されているメタル線をジャンパー線で接続をして5FIDFから4Fの設置場所までメタル線を配線します。

IDFからの配線は建物側で何号室は何FのIDFから配線してくださいと建物側から特に支持が無い場合は3FのIDFを利用してもいいのですが配線作業をする時は物理的に下から上に配線するより上から下に配線するほうが楽なので基本的には設置場所の上の階からの配線になります。

奇数階・偶数階にIDF.EPSがある建物で必要最低限開けておく必要がある場所はMDFと設置階と設置階の上下階を開錠して作業できるようにしましょう。

ファミリータイプ・マンションタイプ光配線方式の場合

光ファイバー直接引込むファミリータイプとマンションタイプ光配線方式の場合はメタル線を使った工事とは違い指定のスプリッターからONU(回線終端装置)を設置階の間を全て開けてもらう必要があります。

工事日の1週間位前には何階のスプリッターからの配線工事になるのか?情報が分かるはずなのでNTT受付担当に相談してカギを開ける場所を確認しておくことで開通できる確率を上げる事ができます。

ファミリータイプ・マンションタイプ光配線方式の場合その1

ファミリータイプ・マンションタイプ光配線方式の場合その1

ファミリータイプのスプリッターは2FEPSでマンションタイプスプリッターが5FEPSにある建物でファミリータイプの工事を申込み4FにONU(回線終端装置)を設置する場合

必要最低限開けておく必要がある場所は
2FIDF・EPSから4FIDF・EPSを開錠する必要があります。マンションタイプの場合は5FのMSSP(マンションタイプスプリッター)からの配線になるので4Fと5Fを開けて作業できるようにする必要があります。


光ファイバーを直接引込むファミリータイプとマンションタイプ光配線方式の場合は必ずしもMDFを開錠する必要はありませんが当日管理会社が立会いできない場合は出来れば作業できるように手配する事をおススメします。

ファミリータイプ・マンションタイプ光配線方式の場合その2

ファミリータイプ・マンションタイプ光配線方式の場合その2

ONU(回線終端装置)の設置場所は1Fでマンションタイプのスプリッターは1Fと5Fにあり5FEPSのスプリッターからの光ファイバーを引込む場合。

必要最低限開けておく必要がある場所は
1FMDFから5FIDF・EPSの間を開錠する必要がありす。


この図面を見て1FにONUを設置するなら1Fのマンションスプリッターを使えば楽なのではと思う方もいると思いますがどこの設備を使うかはNTT設備担当が建物にあるスプリッターの空き情報を確認してなるべく最寄階の設備を利用しての配線になりますが

最寄階の設備に空きが無い場合は次に近い場所のスプリッターからの配線になりもし1Fと5Fの設備に空きが無い場合は新たにスプリッターを新設します。

ファミリータイプ・マンションタイプ光配線方式の場合その3

ファミリータイプ・マンションタイプ光配線方式の場合その3

スプリッターは2FEPSで5FにONU(回線終端装置)を設置する場所には以前使っていた(前の入居者が使っていた)光コンセントが残っている場合。

残置線が使える場合はNTTの局内工事のみで無派遣工事で開通できる場合があります(申込者でONUを取付けるだけ)。その他には大本のスプリッター側で指定の設備に接続替えの場合や一部残置線を利用する事で縦系の配線が不要になり作業時間を短縮する事ができます。

光コンセントがある場合でもスプリッター側を外している場合や、内装業者などに途中で光ケーブルが切られている場合があり配線し直さないといけないのでスプリッターからONU設置階までのIDF・EPSを開錠する必要があります。

MDF・IDF・EPSとは何か?まとめ

電話工事や光回線工事の時に開錠が必要なMDF・IDF・EPSとは何か?

MDF (Main Distributing Frame)の略で、主配線盤(しゅはいせんばん)といわれる設備でビル開通の場合は毎回外からの引き込みをしなくていいように建物に電話回線の大本の設備が作られている。

IDF(Intermediate Distribution Frame)の略で縦系の配線をしなくてもいいように作られて中間配電盤ですが光ファイバーを直接引込む場合は縦系の配線が必要になります。

EPS(Electric Pipe Space / Shaft)の略で各階の電話・光回線・携帯基地局・電気など電気通信設備が集まった専用部屋の事でサーバールームにサーバーがあると考えると分かりやすい。PSは水道やガスなどの設備がある専用スペースですが小さい建物の場合は通信設備と同じ場所にある場合がある。

工事当日はアナログ・ISDN・VDSL回線のメタル線工事の場合に必要最低限開けておく必要がある場所はMDFと設置階と設置階の上下階のIDFとEPSの開錠が必要

光ファイバーを直接引込むファミリータイプとマンションタイプ光配線方式の場合は指定のスプリッターからONUを設置する間のMDF・IDF・EPSの開錠が必要です。

今回紹介した例は基本的な配線パターンでテナント内にMDF・IDF・EPSがあったり建物の設備によっては最悪工事ができない場合もあります。

みこと

回線工事を申込んだら作業内容を把握して早めに管理会社に連絡する事で開通できる確率を上げる事ができるので参考にしてくださいね

フレッツ光回線の工事内容について

電話回線工事について

NTTホームゲートウェイ設定方法

mikotoniomakase.com

NTTを名乗る悪質勧誘についての記事

mikotoniomakase.com

#電話工事 #光回線工事 #ひかり電話 #NTT東日本 #NTT西日本 #インターネット #MDF #IDF #EPS #ブログ初心者 #みことにおまかせ

投稿日:2020/1/27 21:00 書いた人Mikoto Mikaka



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です