みかかはパソコン通信時代によく使われていた変換文字で『NTT』になる?

みかかはパソコン通信時代によく使われていた変換文字で『NTT』になる?

みこと

こんにちはミコトです今回は通信回線についての工事や仕組みについての解説ではなくチョットした豆知識を紹介したいと思います

ブログを始める時にアカウント名をどうしようか?考えてた時に電話工事やフレッツ光の回線工事をしているので何となく思いつきmikaka(みかか)としました。

このブログの通信回線についての記事を読んだことがある方なら、もしかして?と分かってる方もいるのではないかと思いますがなぜ「みかか」➡「NTT」になるのか紹介したいと思います。


みかかとは

みかか(mikaka)とは日本のパソコン通信用語でNTT(東日本電信電話サービス)を指す言葉でJISキーボードにおいてカナ入力モードで「NTT」と入力すると「みかか」となりパソコン通信やインターネット初期に多様されたネットスラング・ネット用語です。

2000年代前半頃まではよく使われていましたが2020年代ではフレッツ光・KDDI・au・NUROなど競合サービス会社が増えた為殆ど使われなくなりました。

みこと

テレホーダイやADSLなどの通話料定額サービスが始まる前のダイヤルアップ接続がメインの頃「みかか」の請求書がくるのが怖いなどとよく使われていた時代が懐かしいですね

何故みかかがNTTになるのか実際にやってみた

実際にやってみたといってもキーボードそのままですがカナ入力にして「N」「T」「T」と入力すると「み」「か」「か」になります。

実際にやってみたといってもキーボードそのままですがカナ入力で「N」「T」「T」と入力すると「み」「か」「か」になります。

その他にはCATV J:COM(ジェイコム)なら「ま」「そ」「ら」「も」

docomo(ドコモ)なら「し」「ら」「そ」「ら」「も」「ら」

KDDIなら「の」「し」「し」「に」になります。

みこと

今回はパソコン通信時代によく使われていた”みかか”系の言葉遊びを紹介しましたよかったら文字変換して遊んでみてはいかがでしょうか

フレッツ光回線の工事内容について

電話回線工事について

#NTT東日本 #NTT西日本 #みかか #フレッツ光 #電話工事 #インターネット #パソコン通信 #みことにおまかせ

書いた人Mikoto Mikaka 投稿日2021/4/25 21:00


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です