引越し先でインターネット・電話回線が使えるか?失敗しない為に事前に確認したい物件の選び方を解説します。

引っ越し先でインターネット回線が使えるか?失敗しない為に事前に確認したい物件の選び方を解説します。

ことみ

引越し先で光回線が開通出来ずにインターネットが利用出来なかったとならないように失敗しない物件選び方が知りたいです

引越しなどでアパート・マンションの物件を選ぶ時は

家賃・通勤に便利・物件周辺の環境などを考えて選ぶ方が多いですが?

最近では PCやスマートフォンが普及してインターネット回線を利用した在宅ワークやプライベートでは動画や音楽のダウンロード・ゲームをするにしてもインターネットが必要になっている方も多いはずです。

そんなインターネット回線が当たり前の時代では物件を選ぶ時にネット環境を重視して選択する事も大切になっていますが光回線やCATV工事を申込んでも100%開通できる保証は無く

せっかく引っ越したのにフレッツ光・KDDI光・au光・CATVなど事業者関係なしに光回線が開通出来ずにインターネット回線が使えない方を多く見てきました。

みこと

今回はフレッツ光の回線工事をしている私が、引越し先でインターネット・電話回線が使えるか失敗しない為に事前に確認したい物件選び方を紹介します

インターネット回線を利用するには

引越し先が決まったらインターネット回線を利用する為に

回線工事を申込む必要が有り光回線(FTTHとVDSL方式)・CATV・モバイルWi-Fiインターネットや毎月の家賃や管理費にインターネット料金が含まれている場合は工事不要で利用できる回線があり

建物によって回線サービスや速度が変わるので混乱してしまうので一番最初に確認する事は引越し先の物件情報に書いてある設備情報を確認しましょう。

物件情報にインターネット回線情報の記載が無い場合は不動産屋さん設備情報を確認し

回線種別が分かったらインターネットで何をしたいのか?携帯電話や電気のセット割引など自分にメリットのある光回線事業者と契約をして工事を申込みます。

それでは物件情報に書いてる各設備ごとに確認したいポイントを紹介します。

建物の設備を確認する
☑インターネット・Wi-Fi完備物件
☑光回線対応・インターネット対応物件
☑CATV(ケーブルテレビ)対応物件
☑モバイルWi-Fi回線を使う

インターネット・Wi-Fi完備物件

インターネット ・Wi-Fi 完備物件とは?

比較的新建物で利用できることが多く建築時にインターネット回線の引き込み工事とプロバイダーの契約がされている為引越し後すぐに光回線工事を申込まなくても直にインターネットを利用する事が出来ます。

月額料金に関してはすでに毎月の家賃や管理費に含まれている為物件情報にはインターネット無料で利用できますと書かれている場合が多いです。

インターネット完備物件の最大の魅力は?

インターネット回線を利用出来るので、光回線が開通出来なかったらどうしようとその後の対応を考えなくていいのが一番の魅力です。

そんな魅力的な インターネット・Wi-Fi完備物件でもインターネットで何をするかによってはデメリットになる事が有ります。

デメリット
☑回線速度が遅い場合が有る
☑個別に光回線が引込めない場合が有る

回線速度が遅い場合が有る

インターネット・Wi-Fi完備物件では?

管理会社や大家さんが建物単位で契約している為家賃や管理費にインターネット料金が含まれ個別に光回線を契約するより月額料金が安く利用できるのでとてもお得ですが

コストが抑えられるLANタイプ方式が多く1つの装置で何部屋に分岐しているかで時間帯によって回線速度が不安定になり最大通信速度100MbpsのVDSLの

実速度50Mbps~70Mbpsより遅くなります

インターネットでチョットした検索や画像・音楽データのダウンロード・YouTubeやAmazonプライムやU-NEXTなどの動画配信サービスを見るのに必要な回線速度は余裕をみて15Mbpsあれば大丈夫で条件が良ければサービス終了予定のADSL回線でも見る事が出来ます。

動画サービス画質推奨速度
YouTubeHD 1080p5Mbps
AmazonプライムビデオHD5Mbps
NetflixHD5Mbps
HuluHD10Mbps
U-NEXT高画質3Mbps

10GB・30GB・50GBなどのデータ容量が多いファイルをダウンロードする場合は直接光ファイバーを引込む場合と回線速度に差が出るのでヘビーユーザーの方にはインターネット完備の回線はお勧め出来ませんが

チョットした画像や音楽などのデータサイズが少ないファイルをダウンロードする場合はストレスなく利用する事が出来ます。

個別に光回線が引込めない場合が有る

インターネット・Wi-Fi完備物件ではVDSL回線より速度が不安定になる事が多いので光回線(フレッツ光・KDDI光・au光)などを個別に申し込んで利用する事もできます。

ただしインターネット完備物件では光回線を開通して利用する場合に建物側のインターネット回線は利用しなくても回線使用料は毎月の家賃や管理費に含まれているので

建物側の設備と個別に開通した光回線の月額料金を払う必要が有るので割高になります。

そして インターネット・Wi-Fi完備物件では部屋に引き込まれているメタル線やLANケーブルは

配管を用意しないで壁を作る前に配線している為新たに光ファイバーを引込める作りになっていない建物が多く開通できる確率はとても難しくなっています。

配管を用意しないで壁を作る前に配線している為新たに光ファイバーを引込める作りになっていない建物が多く開通できる確率はとても難しくなっています。

電話回線を要したい場合も直接光カーブルを引込むひかり電話ではなく、メタル線を利用したアナログ・ISDN回線で申込む事をお勧めします。

なぜ光回線不可物件でも工事を申込めてしまうのはインターネット完備物件用の設備として

MDF室・EPS室・管理人室などで開通しても建物情報で開通した履歴があるという判断でよく分かっていない受付が工事の予約を取ってしまうからです。

みこと

インターネット完備物件で光回線を申込む時はMDF室などの共用部か部屋側のドコで開通しているのかを確認しましょう

光回線対応・インターネット対応物件

インターネット完備物件と光回線対応・インターネット対応物件の違いは

建物共用部のMDF室・IDF・EPS室まで光回線の設備があり光回線の工事が申し込めるという意味で共用部から光回線を使用したい場所までの配線工事をする必要が有り

光回線対応と書いて有っても100%開通できる保証は無いので少しでも開通できる上げる為に確認したいポイントを紹介します。

開通できる確率を上げるには
☑インターネットの回線種別を確認する
☑物件を見る時にMDF・IDF・EPSの位置を確認する
☑直接光ファイバーを引込む場合
☑既設線を利用する場合

インターネットの回線種別を確認する

光回線対応・インターネット対応物件で一番最初に確認する事はNTTフレッツ光・KDDI光・au光などドコの光回線事業者の回線が利用できるのかを確認します。

事業者の確認が取れたら次に確認する事はサービスタイプによって作業する場所が変わりNTTフレッツ光以外の事業者の場合でも

基本的な作業内容は同じで違いは直接光ファイバーを引込むのかすでに引込まれているメタル線やLANケーブルを利用する2つのパターンのみです。

直接光ファイバーを引込むタイプではベストエフォートで上り下り最大1GBpsのサービスと

新サービスのフレッツ光クロスNTT最速の上り下り最大10Gbpsの高速サービスが始まりエリア拡大中なので詳しくはNTTの公式ホームページで確認してください。

アパート・マンションの場合は?

建物共用部MDF室・IDF・EPSまでは光ファイバーでその先は部屋に引き込まれている既設のメタル線やLANケーブルを利用するタイプで光回線と呼ばれていますが

本当の光回線ではなく回線速度は直接光ケーブルを引込むタイプより遅く最大通信速度はベストエフォートで上り下り100Mbpsになります。

物件を見る時にMDF・IDF・EPSの位置を確認する

光回線のサービスタイプを確認したらMDF盤などの位置を確認しましょう。

その理由は信じられないと思いますが電話・光回線(NTT/KDDI/au)などの回線が開通不可能な建物(MDF・IDF盤が塞がれて)完全に作業が出来ない建物も存在します。

その理由は信じられないと思いますが電話・光回線(NTT/KDDI/au)などの回線が開通不可能な建物(MDF・IDF盤が塞がれて)完全に作業が出来ない建物も存在します。

具体的な例は1階がテナントで2階から上は住居の建物でMDF盤は1階テナント内に有る建物で

回線工事の時に管理会社さん立会いでMDFで接続作業をしようとした時にMDF盤の前に大きな棚や業務用の冷蔵庫が置かれて作業が出来ないこの場合は一度延期になってしまいますが

次回工事日時管理会社経由で作業できるように手配する事も可能ですが?

一番最悪なパターンは業務用の冷蔵庫や大きな棚が耐震用に固定されていて完全に移動できなかったり

社内用のネットワーク機器が設置されていてMDFで作業するには社内システムを一時的に止めてネットワーク機器を移動する必要が有りしかもVPNなどで本社や他の支店などと繋がっている場合は止める事が出来ず開通不可能なパターンもあるので

みこと

実際に物件を見る時はMDF盤と設置階と上下階にあるIDF・EPS室の位置を確認する事をお勧めします

直接光ファイバーを引込む場合

  • ファミリータイプ(FTTH)
  • マンションタイプ光配線方式

光ファイバー直接引込む場合に開通できる可能性を上げる為に確認したい事は前の入居者が利用していた光コンセントが残っているかを確認しましょう。

光ファイバー直接引込む場合に開通できる可能性を上げる為に確認したい事は前の入居者が利用していた光コンセントが残っているかを確認しましょう。

光コンセントが残っている場合は 光コンセントがある場所でならNTTの局内工事のみで( 前入居者が退去した後の内装工事なので途中で光ケーブルが切られている可能性もありますが? )

申込者がONU(回線終端装置)を自分で取付けるだけで光回線を利用出来る場合が有ります。

最悪切られている光ケーブルをリード線にして引き直す事も可能なので光回線が開通できる確率が高くなりますが当時は光ファイバーを引込めても長年の劣化で配管が潰れたり

ゴミが詰まったりなどその他にはリフォームした時に配管が切られたりMJプレートを隠蔽してしまうと光ケーブルを引込めない場合が有ります。

光コンセントが無い場合は電話の(MJプレート)を外して配管が有るかを確認しましょう。

光コンセントが無い場合は電話の(MJプレート)を外して配管が有るかを確認します。MJプレートを外してこの様に切られた光ケーブルが埋まっていたり電話線やLANケーブルが配管の出口から出ている場合は光回線を引込める確率が高くなります。

MJプレートを外してこの様に切られた光ケーブルが埋まっていたり電話線やLANケーブルが配管の出口から出ている場合は光回線を引込める確率が高くなります。

配線作業は部屋のMJプレートの中に配管が有り複数MJがある場合はMJ間が配管で繋がっていて共用部にある指定のスプリッタまで光ファイバーを引込みます。

電話プレートの中を確認する時は上下のビスを少しずつ緩めます。ビスだけで止まっているタイプならいいのですが写真のようなはさみ金具で止まっている場合は一気にビスを緩めてしまうと金具が壁の隙間に落ちてしまい戻せなくなるので注意してください。

電話プレートの中を確認する時は上下のビスを少しずつ緩めます。

ビスだけで止まっているタイプならいいのですが写真のようなはさみ金具で止まっている場合は一気にビスを緩めてしまうと金具が壁の隙間に落ちてしまい戻せなくなるので注意してください。

光ファイバーを直接引込むFTTH・マンションタイプ光配線方式の場合はに

開錠が必要な場所は指定のスプリッタから設置階までのIDF・EPS室建物によっては共用部の点検口などを開錠して作業する必要が有りMDFは必ずしも開錠する必要は有りません。

既設線を利用する場合

  • VDSL方式
  • LAN方式

すでに引込まれているメタル線やLANケーブルを利用するマンションタイプの工事で開通できる確率を上げる為に確認する事は?

電話とLANの差込口が有るかを確認する事が大切で電話の差込口なら

何処の部屋でも最低一か所は有ると思われますが内装工事をした時に既設ケーブルを切られたり、MJプレートを隠蔽されて完全にメタル線が無く新たに引込めない部屋も存在します。

マンションタイプのVDSL方式とLAN方式の場合はMDF室・IDF・EPS室などで各部屋に引き込まれているメタル線・LANケーブルを装置に接続する作業になります。

マンションタイプのVDSL方式とLAN方式の場合はMDF室・IDF・EPS室などで各部屋に引き込まれているメタル線・LANケーブルを装置に接続する作業になります。

接続作業をして回線試験が通らない場合は不具合部分を確認します。

マンションタイプのVDSLとLANタイプ方式のサービスが始まったのは

2000年代前半で装置を設置してから10数年経っている為装置側の設備不良か部屋側に引き込まれている配線がダメなのか切り分けて確認します。

確認方法は?

  • MDF室などで装置に直接つないで試験が通れば部屋側に引き込まれている配線がダメになっているので建物側の設備担当で修理してからの再工事
  • 装置に直接つないで試験が通らなければ装置故障の為設備変更をして開通する事も可能ですが設備に空きが無い場合はNTT故障担当が修理してからの再工事

既設線を利用するVDSL方式の場合で必要最低限開錠が必要な場所はMDFと設置階と上下階のIDF・EPSを開錠します。

LANタイプ方式の場合は部屋号室に対して何階にある装置を利用するかになるので工事日が決まったら受付担当者に装置が有る階数を確認しましょう。

CATV(ケーブルテレビ)対応物件

CATV対応物件とは?

アパート・マンションなどでCATVの導入工事が完了していて部屋で視聴できる環境が整っている物件の事を言いい 注意したい事はCATV対応物件では入居してすぐに利用できるわけではなく

CATVの契約をしてセット トップ ボックス (STB:Set Top Box) をチューナーを取付ける事で地上波やBS放送・有料チャンネルのスカパーなどを視聴する事が出来ます。

CATV対応物件での工事内容は部屋までは信号が来ているのでテレビの差込口からの同軸ケーブルの配線とSTBとインターネットを利用する場合はモデムを取付けます。

基本的にはテレビ端子の近くであれば端末を取付けるだけですがCATVの受信レベルが低い場合はEPS室などの共用部でブースターを調整したり部屋側のお風呂場点検口などの

分配器周りの接続確認作業が有るので工事日は管理会社に連絡をしてTV設備のあるEPSなどの共用部で作業できるように手配する必要が有ります。

CATVを契約するとテレビと電話・インターネットを利用出来るのでとても魅力的なサービスですが利用環境によってはデメリットもあります。

デメリット
☑インターネットのみでは料金が割高
☑光回線に比べると速度が遅い

CATVでインターネット回線を利用するデメリットは

CATVの魅力はBS・CS放送などのテレビ専門チャンネルを見るサービスがメインになり

スカパーなどの有料チャンネルとインターネットを利用したい方にはセット割引がありお得になりますが、インターネット回線のみでの契約の場合は月額料金が少し割高になります。

回線速度は光回線と比べると回線速度は遅くなりますがメタル線やLANケーブルを利用したVDSL方式よりは回線速度は速いのでVDSL物件の場合はCATVを利用するほうがネット環境が良くなる場合が有ります。

モバイルWi-Fi回線を使う

管理会社によっては入居者側の負担になる場合や管理者側で負担してくれる場合でも引き込みルートを作りその後開通工事の流れになり実際に回線が利用できるまで数か月掛かってしまう場合も有ります。このような物件の場合ではコンセントに差すだけでインターネット回線を利用出来るモバイルWi-Fiを利用する事をお勧めです。

引越し先の物件で光回線・CATVの工事を申込んでも建物側の設備都合で開通できなかった場合は管理会社に相談して光ファイバーを引込むためのルートを作ってもらう必要が有りますが

管理会社によっては入居者側の負担になる場合や管理者側で負担してくれる場合でも引き込みルートを作りその後開通工事の流れになり実際に回線が利用できるまで数か月掛かってしまう場合も有ります。

このような物件の場合ではコンセントに差すだけでインターネット回線を利用出来るモバイルWi-Fiを利用する事をお勧めで普段使いがスマートフォンで検索やYouTubeの動画を見る程度で

携帯電話のデータ容量を節約する為に家にインターネット回線を入れてい場合も光回線を引き込まないでモバイルWi-Fiを利用してもいいかもしれません。

モバイルWi-Fiを利用したインターネット回線は工事不要で利用出来るのが最大のメリットで光回線やCATVと比べると外からの電波を拾ってインターネット回線を利用する為5Gの高速な

モバイル回線でも携帯電話が悪い地下や高層マンションの上の階なのでは回線速度が不安定になりやすいデメリットもありますが携帯基地局が少しずつ増えている為

少し時間が掛かりそうですが将来的には光ファイバーを引込まずに高速で安定したモバイルWi-Fi回線が利用出来るようになると思われるので今後に期待したいですね。

引越し先でインターネット回線が使えるかを確認する(まとめ)

今回は契約更新の時期なので引越しをしたい・仕事の関係などで引越しを考えているけど引越し先でインターネット回線が利用出来ない部屋だったらどうしようと不安になりますよね。

インターネット回線が利用出来ない確率を下げる為の物件選びの方法は建物情報で

  • インタネット完備物件
  • 光回線対応・インターネット対応物件
  • CATV対応物件

インターネット完備物件は毎月の家賃や管理費に料金が含まれている為工事不要で利用できる。

インターネット対応物件以外の建物では光回線対応とCATV対応の両方に対応している

物件であれば光回線で開通出来なくてもCATVでインターネット回線が利用出来る為複数の設備が有る建物を選ぶ事をお勧めします。

物件を見学する時は建物が光回線の直接光ファイバーを引込むのか部屋に引き込まれているメタル線やLANケーブルを利用するタイプなのかとMDF・IDF・EPSの位置を管理会社に確認する。

FTTHや光配線方式の場合は部屋に光コンセントが有るかを確認する無ければ

MJプレートを開けて光ケーブルが埋まってないかと電話線を通す配管が有るかを確認して配管が無く電話線が壁の隙間を通している場合は光ファイバーを引込む工事難しく開通できる可能性が低くなります。

光回線・CATVを利用したインターネット回線が開通できなかった場合やスマートフォンでチョットした検索やYouTube動画を見る為に携帯電話のデータ容量を節約したい方には

工事不要で利用できるモバイルWi-Fiがお勧めですが利用する場所によっては回線が安定しない場合が有ります。

みこと

物件選びでインターネット環境を重視している方は今回の記事を参考にすれば100%開通できる保証は有りませんが開通できる確率が上がるのでぜひ参考にして下さいね

これから光回線を申込みたい・毎月の月額料金を見直したい

引越しの為移転工事を申込みたいなど回線工事を申込んでも工事完了してサインを貰うまでならキャンセル可能で料金も掛からないので相談してはいかかでしょうか?

電話やインターネットのご相談申し込みは下のリンクをクリック!

#フレッツ光 #光回線 #インターネット #インターネット完備物件 #CATV対応物件 #引越し

投稿日:2021/11/21 12:00 書いた人:Mikoto Mikaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です