無料で使える『Microsoft Office Excel』の互換ソフト『Libre Office Calc』を使ってみた

ことみ

文章作成するのに『Excel』を使いたいけど、たまにしか使わないのに高いお金を払ってまで購入したくないなどうしよう?

仕事やプライベートで文章や書類を作成する時に『Microsoft Office Excel』があればとても便利ですが

パッケージ版を購入すると12,000円位、Office365では毎月900前後の料金が掛かってしまいます

みこと

今回は無料で使える『Microsoft Office Excel』の互換ソフト『Libre Office Calc』を紹介します

Libre Officeとは


LibreOfficeは強力なオフィススイートです; クリーンなインターフェイスと強力なツールであなたの創造性を解き放ち、生産性を高めます。LibreOfficeはその市場において最も強力なフリーかつオープンなオフィススイートとなっています。これは次のようなさまざまなアプリケーションのためです: ワードプロセッサのWriter、表計算アプリケーションのCalc、プレゼンテーションエンジンのImpress、ドローイングおよびフローチャートのためのDraw、データベースおよびそのフロントエンドとなるBase、そして数式を編集するためのMathです。 公式サイトから引用  

ja.libreoffice.org ↑こちらからダウンロードできます


みこと

『Libre Office』は無料で使えて『Microsoft Office』の互換性もあるのでExcelのデータを開いて作業する事ができます

Libre Office Calcを使ってみた

こちらが『Microsoft Office Excel』の互換ソフト『Libre Office Calc』の作業中の画面です。


最初は少し使いづらいかもしれませんがExcelを使った事がある方なら基本操作はほとんど変わらないのですぐに使えるようになります

Libre Office CalcでExcelのよく使う関数をつかってみた


『関数』とは定型の計算をする為に使われる数式の事で『=関数名(セルの指定、条件)』を入力する事で自動的に検索結果を表示してくれます。

関数名数式用途
SUM関数=SUM(範囲内の最初のセル:最後のセル)合計を出す
AVERAGE関数=AVERAGE(範囲内の最初のセル:最後のセル)平均値を出す
MAX関数=MAX(範囲内の最初のセル:最後のセル)最大値を出す
MIN関数=MIN(範囲内の最初のセル:最後のセル)最小値を出す
COUNT関数=COUNT(範囲内の最初のセル:最後のセル)条件に当てはまるセルの数を数える
COUNTIF関数=COUNTIF(範囲内の最初のセル:最後のセル,検索条件のセル)条件に当てはまるセルの数を数える
VLOOKUP関数=VLOOKUP(検索条件のセル,範囲内の最初のセル:最後のセル,列番号,検索方法の指定)条件に当てはまるセルの数を数える
IF関数=IF(条件式,条件を満たす場合に表示すべき内容,条件を満たさない場合に表示すべき内容)条件によって処理を変える

みこと

よく使う関数をいくつか試してみましたが『Microsoft Office Excel』と同じく使える事ができそうです。

Libre Office Calcの互換性は

『Libre Office Calc』で保存したデータを『Microsoft Office Excel』で開くとどうなるのか?調べてみました。


『Libre Office Calc』で保存したファイル形式は◯◯◯.odsで『Microsoft Office Excel』で開く時にファイル形式を変換しないでも開く事ができます。

『Libre Office Calc』の作業画像を『Excel』で開きました

みこと

簡単な表とグラフのデータならレイアウトも崩れる事がなく開けます

『Microsoft Office Excel』から『Libre Office Calc』の互換性は

今度は『Excel』で保存したデータを『Libre Office Calc』で開くとどうなるのか?を調べてみました。

『ファイル形式は『◯◯◯.xlsx』⇨『◯◯◯.ods』に変更しなくて問題無く開く事ができます。


こちらが『Excel』で保存したデータを開いた画像です。

計算用に作った『関数』は問題なく『検索結果』が表示されましたが、グラフのレイアウトが少し崩れ日付のM/D(9/15)の表示がM”月”D”日”(9月15日)という表記になりました。この位ならチョット面倒だけど書式を変更すれば問題なく使用する事ができます。

Libre Officeを利用する上で妥協しなくてはいけないこと

妥協すること
1:レイアウトが崩れる場合がある
2:拡張子に注意する必要がある
3:基本自己解決
など

1:レイアウトが崩れる

『Excel』から『Calc』『Writer』から『Calc』など互換性について紹介しましたが簡単な文章なら問題なく表示されますが画像や表を使った少し複雑な文章にの場合はレイアウトが崩れる場合があります。

2:拡張子に注意する必要がある

(.ods)と(.xlsx)の拡張子ファイルを互換性ソフトで開く時に変更しなくてもファイルを開く事はできますが相手とデータのやり取りをする場合などは事前に説明しておくか拡張子を変更しておきましょう。『変なファイル』が届いたけどとなってしまいます。

3:基本自己解決

『Microsoft Office』のように何か合った場合のサポート対応はなく基本自己解決になりますがネットで調べる事が出来るので難しく考える必要はありません。

みこと

『Libre Office』は妥協しないとイケない部分もありますが無料で使える便利なソフトです興味のある方は是非お試し下さい

#みことにおまかせ #ブログ初心者 #Wordpress #Microsoft Office #Libre Office #word #Writer #フリーソフト #Linux

#投稿日 2020/05/22 21:00




2 COMMENTS

ヤマッチョ

役に立つ記事ありがとうございます。
互換性がるフリーのソフトがあるのはうれしいですね!

返信する
Mikoto Mikaka

有難うございます。Officeを使いたいけどそれほど使わない方にはおすすめのかもしれません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です