「NTTボイスワープの設定」外出先からでも固定電話に掛かってきた電話を転送して通話できるようにする方法を解説

「NTTボイスワープの設定」外出先からでも固定電話に掛かってきた電話を転送して通話できるようにする方法を解説

ことみ

外出先で固定電話に掛かってきた電話を携帯電話に転送して利用したいけどボイスワープの設定方法が分かりません

自宅や会社に掛かってき電話が不在で連絡が取れず

緊急の連絡が取れずに対応が遅れてしまったことは有りませんか?

この様な事にならないように事前に掛かってきた電話番号を指定した携帯電話などにボイスワープ(転送設定)をすれば外出先でもいつでも連絡が取れるのでとても安心ですが

ボイスワープの契約をしているけど転送設定方法が分からず利用していない方も多いので

みこと

今回は固定電話に掛かってきた電話を携帯電話に転送して外出先でも連絡が取れるように「NTTボイスワープ」の設定方法を解説します

NTTのボイスワープ(転送設定)とは

ボイスワープとはNTT東日本・NTT西日本が提供しているサービスで

事前に転送先設定をすれば外出中でも自宅や会社に掛かってきた電話を携帯電話に転送する事でいつでも電話を受ける事ができます。

一般加入電話(アナログ回線・ISDN回線)では自宅用の場合は月額550円・会社用の場合は月額880円の使用料が掛かりひかり電話の場合は自宅・法人関係なく月額550円で利用できます。

ボイスワープ月額料金アナログ回線ISDN回線ひかり電話
自宅用550円550円550円
会社用880円880円550円

掛かってきた電話番号から転送先の通話料は申込者側の負担になります。

NTTボイスワープの設定方法

ボイスワープの設定方法は、ひかり電話・加入電話(アナログ・ISDN)回線毎に設定方法が若干違うので設定したい回線にスキップしてください。

ボイスワープ設定方法

☑ ひかり電話

☑ アナログ回線

☑ ISDN回線

ひかり電話でボイスワープを設定したい

ひかり電話でボイスワープを設定する方法は?

転送したい電話機で受話器を上げて142をダイヤルするとボイスワープの設定を開始しますとアナウンスが流れます

転送設定項目

☑ 0:サービスの停止をする

☑ 1:サービスの開始をする

☑ 2:転送先の登録設定をする

転送先の登録設定方法

転送先の設定をする為に一番最初に設定する項目は転送先の登録設定をする必要が有る為142をダイヤルしたら2番の転送先の登録設定を選択します。

転送先リスト番号の転送先電話番号登録を行いますとアナウンスが流れたら転送先の電話番号を市外局番から入力して最後に#を押します(携帯電話にも転送は可能です)

設定例: 受話器を上げる➡142➡2➡転送先電話番号(03-1111-2222# 090-1111-3333#)

入力された電話番号は〇〇〇〇〇〇〇〇です。よろしければ 1を入力し直す場合は2を入力、本設定を中断する場合はそれ以外を押してくださいとアナウンスが流れるので

転送先の設定が間違っていると転送先の方に迷惑が掛かるので電話番号の確認をしてから1を選択します。

その後転送先登録が完了しました、サービスメニューに戻る場合0

終了する場合は0以外の番号を入力するか受話器を置いてくださいとアナウンスが流れるので0を入力して転送設定を終了します。

みこと

アナウンスが流れている途中で受話器を置いてしまうとタイミングによっては設定が反映されない場合が有るので注意してくださいね

ボイスワープの設定を開始する

転送先の電話番号を設定したら次に設定する事は142➡1で転送設定を開始と転送方法の条件を設定します。

転送条件の設定とは電話が掛かって電話に出られない時に転送設定した電話番号に転送する事ができます。

転送条件を設定する

☑ 1:無条件転送

☑ 2:無応答転送

☑ 3:話し中転送

4:無応答および話し中転送

ひかり電話で転送条件を設定する場合は4つの項目があり固定電話に掛かってきた場合に

着信した電話番号がコール音が鳴らずにそのまま転送先に掛かってくる「無条件転送」・数回コール音が鳴ってから転送先に掛かってくる「無応答転送」

話中時に着信した電話を転送する「話し中転送」「無応答および話し中転送」申込者の利用環境によって設定する事ができます。

設定例: 受話器を上げる➡142➡1➡転送条件(1から4)を選択➡転送開始

ボイスワープの設定を解除する

自宅や事務所にいる時に転送先設定を解除したい場合はボイスワープの設定を解除します。

ボイスワープの設定を解除するには受話器を上げて142➡0で解除する事ができます。

みこと

外出する時は再度ボイスワープのサービス開始設定が必要で忘れると転送して利用する事ができないので注意してください

アナログ回線(加入電話)でボイスワープを設定したい

アナログ回線(加入電話)でボイスワープを設定する方法は?

転送したい電話機で受話器を上げて142をダイヤルするとボイスワープの設定を開始しますとアナウンスが流れます

設定項目

☑ 0:サービスの停止をする

☑ 1:サービスの開始をする

☑ 2:転送先の登録設定をする

☑ 3:呼び出し回数を設定する

転送先の登録設定方法

転送先の設定をする為に一番最初に設定する項目は転送先の登録設定をする必要が有る為142をダイヤルしたら2番の転送先の登録設定を選択します。

転送先リスト番号の転送先電話番号登録を行いますとアナウンスが流れたら転送先の電話番号を市外局番から入力して最後に#を押します(携帯電話にも転送は可能です)

設定例: 受話器を上げる➡142➡2➡転送先電話番号(03-1111-2222# 090-1111-3333#)

入力された電話番号は〇〇〇〇〇〇〇〇です。よろしければ 1を入力し直す場合は2を入力、本設定を中断する場合はそれ以外を押してくださいとアナウンスが流れるので

転送先の設定が間違っていると転送先の方に迷惑が掛かるので電話番号の確認をしてから1を選択します。

その後転送先登録が完了しました、サービスメニューに戻る場合0

終了する場合は0以外の番号を入力するか受話器を置いてくださいとアナウンスが流れるので0を入力して転送設定を終了します。

みこと

アナウンスが流れている途中で受話器を置いてしまうとタイミングによっては設定が反映されない場合が有るので注意してくださいね

呼び出し回数を設定する(コール回数)

転送先の電話番号を登録したら142➡3で固定電話に掛かってきた時に何コールしたら転送するように設定します。

ひかり電話の転送条件とは若干設定方法が違いコール回数0から9をお好みで選んで設定します。

何秒コールしたら転送では無いので1コールで約3秒で計算して15秒後に転送なら5コールで設定・無条件転送の場合は0で設定します。

コール回数(約3秒)

☑ 無条件転送の場合0コール

☑ 10秒の場合3コール

☑ 15秒の場合5コール

☑ 30秒の場合9コール

設定例: 受話器を上げる142➡3➡コール回数を設定する

ボイスワープの設定を開始する

転送先の電話番号を設定したら次に設定する事は142➡1で転送設定を開始を開始します。

ひかり電話の場合は「無条件転送」「無応答転送」「話し中転送」などの転送条件を設定しますがアナログ回線の場合は先ほど設定したコール回数になるので

受話器を上げる➡142➡1➡転送開始

ボイスワープの設定を解除する

自宅や事務所にいる時に転送先設定を解除したい場合はボイスワープの設定を解除します。

ボイスワープの設定を解除するには受話器を上げて142➡0で解除する事ができます。

みこと

外出する時は再度ボイスワープのサービス開始設定が必要で忘れると転送して利用する事ができないので注意してください

ISDN回線(INS64)でボイスワープを設定したい

ISDN回線(INS64)でボイスワープを設定する方法は?

転送したい電話機で受話器を上げて1422をダイヤルするとボイスワープの設定を開始しますとアナウンスが流れます

設定項目

☑ 1422で転送先の登録設定をする

転送先の登録設定方法

転送先の設定をする為に一番最初に設定する項目は転送先の登録設定をする必要が有る為1422をダイヤルしたら2番の転送先の登録設定を選択します。

転送先リスト番号の転送先電話番号登録を行いますとアナウンスが流れたら転送先の電話番号を市外局番から入力して最後に#を押します(携帯電話にも転送は可能です)

設定例: 受話器を上げる➡1422➡転送先電話番号(03-1111-2222# 090-1111-3333#)

入力された電話番号は〇〇〇〇〇〇〇〇です。よろしければ 1を入力し直す場合は2を入力、本設定を中断する場合はそれ以外を押してくださいとアナウンスが流れるので

転送先の設定が間違っていると転送先の方に迷惑が掛かるので電話番号の確認をしてから1を選択します。

その後転送先登録が完了しました、サービスメニューに戻る場合0

終了する場合は0以外の番号を入力するか受話器を置いてくださいとアナウンスが流れるので0を入力して転送設定を終了します。

みこと

アナウンスが流れている途中で受話器を置いてしまうとタイミングによっては設定が反映されない場合が有るので注意してくださいね

ボイスワープの設定を開始する

転送先の電話番号を設定したら次に設定する事は転送設定と転送条件を設定します。

ISDN回線でボイスワープの開始設定をする場合はアナログ回線の時のようにコール回数の設定ではなく「無条件転送」「無応答転送「話し中転送」などひかり電話で設定する方法に似ています。

転送条件設定

☑ 無条件転送の場合: 受話器を上げて14211

☑ 無応答転送の場合: 受話器を上げて14212

☑ 話し中転送の場合: 受話器を上げて14213

☑ 無応答および話し中転送の場合: 受話器を上げて14214

ボイスワープの設定を解除する

自宅や事務所にいる時に転送先設定を解除したい場合はボイスワープの設定を解除します。

ボイスワープの設定を解除するには受話器を上げて1420で解除する事ができます。

みこと

外出する時は再度ボイスワープのサービス開始設定が必要で忘れると転送して利用する事ができないので注意してください

#NTT東日本 #NTT西日本 #ボイスワープ #転送先設定 #アナログ #ISDN #ひかり電話

投稿日:2022/03/26 書いた人:Mikoto Mikaka


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA