Google chromeに表示されるリーディングリストを非表示にする方法

google chromeに表示されるリーディングリストを非表示設定する方法

ことみ

google chromeをアップデート後表示されるようになったリーディングリストが邪魔なので非表示にしたいけど消し方が分かりません

google chromeのアップデート後にブックマークバーの右側に現れた『リーディングリスト』ですが特に使う予定はなく邪魔なので非表示にしたいけど


リーディングリストを右クリックしても非表示設定が出来ず、google chromeの設定項目の中にも非表示設定の項目はありません

みこと

今回はgoogle chromeの『リーディングリスト』を非表示にする設定方法を紹介したいと思います

google chromeのリーディングリストを非表示にする方法

先ほども紹介しましたがgoogle chromeの設定画面から非表示設定が出来ればいいのですが項目が見当たらず検索で『リーディングリスト』と入力しても表示されません。

google chromeの設定画面から非表示設定が出来ればいいのですが項目が見当たらず検索で『リーディングリスト』と入力しても表示されません。
リーディングリストを非表示にする
1:アドレスバーからリーディングリストの設定ページに移動
2:リーディングリストを無効にする

アドレスバーからリーディングリストの設定ページに移動

通常の方法ではリーディングリストを非表示にする事は出来ないのでgoogle chromeのアドレスバーに『chrome://flags/#read-later』と入力して設定画面に移動します。

google chromeのアドレスバーに『chrome://flags/#read-later』と入力して設定画面に移動します。

リーディングリストを無効にする

『chrome://flags/#read-later』と入力してgoogle chromeの設定ページに移動するとExperiments警告:試験運用版の機能です。 

これらの機能を有効にすると、ブラウザのデータが失われたり、セキュリティやプライバシーが侵害されたりする可能性があります。有効にした機能は、このブラウザのすべてのユーザーに適用されますと表示されますが特に気にしなくていいので先に進みましょう。

リーディングリストを無効にする設定方法は『Reading List』の項目をDefault➡Enabledに変更してRelaunchをクリックします

リーディングリストを無効にする設定方法は『Reading List』の項目をDefault➡Disabledに変更してRelaunchをクリックします。

ページ内を移動して『Reading List』の場所が分からなくなってしまった場合は上のSearchf lagsに『Reading List』と入力しましょう。


みこと

『Reading List』を無効にしたらgoogle chromeを再起動してリーディングリストが非表示になっていれば設定完了です

#Google #ブラウザ #Chrome #windows #パソコン #ブログ初心者

投稿日 2020/03/21 21:00 書いた人 Mikoto Mikaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です