「その可憐な少女は魔女であり、旅人でした。 そう、私です。」おすすめ漫画魔女の旅々



「その可憐な少女は魔女であり、旅人でした。 そう、私です。」

灰に深い関わりがある少女がイレイナが かわいいとして高い支持を集めていますが、少女はまだ15歳という若さであるのにも関わらず魔法使いにおける最も高い位に君臨していて、周囲からも一目置かれた存在です。


魔女の主人公イレイナが活躍する魔女の旅々 (GAノベル)は、様々な人と共に出来事にも直面しながら旅をしていく物語ですが、物語の中では緊張感が感じられて手に汗握るシーンがある一方で、笑顔になれるシーンも織り交ぜられていてバリエーションが豊富なのが特徴的です。


2016年に漫画として1巻が販売されてから注目度が高まっていき、漫画に限らずドラマやCDにも広がっていた上にアニメ化も実現し、とても勢いがある作品です。

イレイナのかわいい魅力と性格



作品で活躍する少女は、イレイナ がかわいいという声が根強い様子からもわかるようにとても美しい容姿をしていますが、ふいにインパクトが強い言葉を発する事もあるので、容姿とのギャップに魅了される方も少なくありません。

主人公イレイナの可愛い魅力は素直すぎて調子にのっているのが分かり表情が豊かで人生を楽しんでいる事が伝わってきます。

素直すぎる性格が逆に欠点になり、自己中心的で毒舌で他人に対して尊大と思わせて情に絆されやすく、底抜けにお人好しになることも多い

お金が大好きで散財したり奢ったりすることもよくあり、結果的に金欠に陥りがち。また依頼の報酬を全て寄付したり、被害者の幸せに投資したり、あるいは受け取ることなくその場を去るなど結果的にタダ働きをすることもよくありますが

原作者直々に性根がわりと腐っていると断言する程度の腹黒な性格ですが根はとても優しい女の子です。

魔女の旅々の名言「そう私です」

魔女の旅々の名言と言えば「〇〇〇そう、私です」このセリフを一番に思い浮かんでしまうほどほぼ毎回イレイナさんがこのセリフを使っています。

平和国ロベッタにおいて、史上最年少14歳で魔術試験に合格し、魔女見習いになった少女がいます。そう、私です

この魔女の証であるブローチを付け、灰色の髪をなびかせて、その美しさと才能の輝きに、太陽さえも思わず目を細めてしまうほどの美女は、誰でしょうか? そう、私です

色とりどりの花々に負けず劣らず、美しく咲いている彼女は誰でしょう? そう、私です

次に行く国はどんな国でしょう? 次に出会う人はどんな人でしょう? と期待に胸を膨らませているのです。その旅人は一体誰か? そう、私なのでした

灰色の髪を風になびかせ、箒で空を飛んでいる魔女がいます。このお人形のように綺麗でかわいらしく、夏の太陽だってもっと熱く燃えてしまいそうな美女は、いったい誰でしょう?そう、私です。さすがに今の季節、この格好は暑いですね

時計郷ロストルフという国の広場にいる、金欠でお腹をすかして、今には泣いてしまいそうな、儚くも美しい女性は誰でしょう? そう、私です。悲しいことに私です

はい、それでは問題です。澄み渡った青空をゆく、そこに人がいたのなら間違いなく誰もが振り返り、ため息をこぼしてしまうほどの美貌の魔女は、いったい誰でしょう?それは、旅をして、私の、私達の物語、「魔女の旅々」を綴り続ける、そう、私です!

出会いと別れの物語「魔女の旅々」

実際に旅に出る決意をし、旅で訪れた先では記憶が1日だけしか維持できない少女や圧力を加えられている人、年を取らずに人生を生き続ける少女などあらゆる事情を持っている方々との出会いを繰り返す事になります。


そのようにこれまでの人生では知らなかったものの、旅に出て交流を取ったからこそわかった事柄がふんだんに描写されているため、魔女の旅々 (GAノベル)で特徴的なのは明暗がはっきりと感じられる上に、目にしている者も明暗について考えるきっかけになる事です。


しかも、漫画やアニメ化された物語であるのにも関わらず取り上げられて描写されている内容については他人事には感じられない内容であったり、多くの人々が共感する事ができる内容なので、漫画やアニメといった気軽な媒体であっても異世界に入り込んだ印象が受けられます。


そういった実際に人生を歩んでいる人々において身近に感じられる内容で展開していく魔女の旅々 (GAノベル)は、魔法使いで成り立っている国に立ち寄る所から始まります。


魔法使いという共通点はあるものの主人公は国と無関係ですが、入国に際して審査などを受ける必要が無く直接的に入国する事ができたのは、魔女である上に魔女である事を示すブローチを着けていた為です。

審査を受ける必要性が無くなる様子からもわかるようにとても強い力を持っているブローチですが、他の少女と身体がぶつかってしまった時に衝撃で紛失します。


強い力を有しているのに加えて、思い出が詰まっている大切な物でもあるので紛失してしまったブローチを探し回りますが、探し回っている時にぶつかった少女から掛けられたのは試験に合格できる魔法を伝授してほしいという内容です。


引き続きブローチを探し回りつつも依頼について承諾しますが、くまなく探し回っているのにも関わらず発見できないのはぶつかった少女がひっそりと手に持っていたためです。


ブローチをひっそりと手に持ち続けて主人公に返さなかったのは、妹が自分よりも先に試験に合格した事によって先を越された気持ちになってしまった事が挙げられ、ブローチが見つからない状態が続けば主人公がいつまでも自分の近くに居てくれて慢性的に感じている寂しさが解消できると考えたためです。


本来であれば速やかに主人公に対して返さなければならないものの、孤独感によってひっそりと手に持ち続けた様子は目にしている読者の多くが共感する内容ですし、主人公においても少女の気持ちを十分に理解して寄り添う気持ちで帽子をプレゼントします。


引き続き旅をしている主人公は途中で新たに現れた少女を助け、助けた事がきっかけでしばらくの間2人で旅をしていきますが、助けた少女は信仰で知名度が高い都を目指していく事を知ります。


はっきりとした目的があって都を目指している様子が感じられるので、主人公は出会って間もない少女に理由を尋ねるものの目指している理由を教えてくれないといった状況が続きます。


一緒に行動する期間が長くなって、都までの距離が近付いてきているのに相変わらず目指している理由を教えてくれないため、異変を覚えた主人公はより一層熱心に向き合ってみると出会った少女は記憶が僅か1日しか維持できない事実を知ります。


記憶が僅か1日しか維持できないものの、明るく振る舞っている様子や諦めずに話をしたりますます相手に向き合うようにする姿勢は、魔女の旅々 (GAノベル)ならではの読者に対して訴える様子です。


このように現実の世界と照らし合わせて考えるきっかけを与えてくれる内容の他に、発生した事件を推理する探偵の手には常にパペットが存在している描写なども描かれていて、非現実的な様相で展開していく物語に笑顔になる事ができますし、作り込まれた秀逸なコントによって笑って楽しい気分になる事もできる作品です。

『 Prime Video』 で魔女の旅々を見放題 1ヶ月無料体験あり

#魔女の旅々 #アニメ #漫画 #みことにおまかせ

投稿日2020/12/12 10:00 書いた人Mikoto Mikaka



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です