副業をしたいけど会社の就業規則で自ら事業を営むとはどこまでが禁止になる?

副業をしたいけど会社の就業規則で自ら事業を営むとはどこまでが禁止になる?

コロナ渦の影響もあり事業縮小・リストラ・倒産などこれまでよりも収入の不安定さを感じる人が増えています。

少しでも余裕のある生活をする為には

  • 本業を頑張り収入を増やす
  • 空き時間に副業をしてトータル収入を増やす

本業を頑張っても簡単に給料は増えず今現給料を20万円貰っている人が25万円にする為には企業によって差がありますが物凄く大変ですが副業で月5万円稼ぐのは結構簡単なので

経済力を高めるには、副収入を得ることが最適です。

よく副業でお小遣い稼ぎをしている話を聞きますがいまいち把握しきれてないかたも多いので始めに副業そのものついて理解を深める事が大切です。


自ら事業を営むとは?

まずは自ら事業を営むとは?

何かについてです簡潔にいうと自営業ということで会社との雇用関係は発生せず自ら事業をたちあげて収入を得る事でたとえば会社から独立して個人で仕事をおこなうフリーの働きかたも該当しこのようなケースの場合には

いくつかの方法があり例えば

  • 専門的な資格を生かす
  • 飲食店などの小売り業

など自ら事業を営むといっても一括りにはできません。

働きかたもさまざまなので、自分にあったスタイルを追求することが大切です大まかな例をあげると以下のようになりひとりで事業を営む、家族経営、従業員を雇って一緒に運営するなどです。

法人や個人などにこだわらず、ひとくくりの名称として「自営業」となります。

副業を始めるにあたり、実際どのような仕事をおこなっているのか具体的に把握して資格保有者であれば、実力を生かせる副業をおすすめします。

  • Webライティング
  • セミナー講師
  • スキル販売

など現在働いている方でも自分のあいた時間で資格を取得するというのもあり通信講座などで自分のライフスタイルにあったものを選択しましょう。

そのなかでもすぐに始められるのはWebライティングでパソコンさえあれば、いつどこでも仕事ができるので人気も高く仕事内容も専門的な分野を求められるものより手軽に出来る内容もあるのでお勧めです。

さまざまな副業があるだけに、すこし不安もつきまといます。

業務規則違反にならない事を確認する

今現在働いている場合は業務規則違反に該当しないか調べる必要があります。

簡単に始められる副業ですが違反になるケースもあるので要注意です。

では業務規則違反にならない副業とはなにかを確認する必要が有り一番分かりやすいのが会社の就業規則により副業が禁止されているケースでなぜ禁止されているのかというと業務に支障をきたすおそれがあるからです。

他にも守秘義務の観点からタブーとなっていて雇用する会社側としてはリスクを排除するために副業を禁止していて業務規則違反にならない副業とは簡潔にいうと「本業に影響しないもの」になります。

おさえておきたいポイントは就業規則と法律はちがうということで法律自体には副業という言葉は存在しないので労働者が本業以外で収入を得るというのは法律に反していないのでそのため上記でも述べたように

大きな分かれ道は従業規則にあります

会社の規則を破ると契約違反行為がとわれるので確認が必要で当然ながら公務員は副業が禁止されていてます。安易な気持ちで副業を始めて本職を失う危険性も示唆されます。

業務規則違反にならない副業には

  • 転売
  • アフィリエイト
  • 販売
  • 投資

などが適していてより本格的な副業による収入を得たいのであれば

投資や不動産投資がお勧め実はあまり知られてはいませんが副業禁止の会社でも不動産投資は大丈夫というケースもあります。

その理由としては相続などやむ負えない場合があるからです。

また不動産投資は副業というより資産運用とみなしているためで本業に影響をおよばす危険性も低く情報漏えいの心配もあまりないのでより寛容になっています。

リスクをおわずに副業を始めたい方にはぜひお勧めできる案件です。

SNSなどの直接的なやり取りは副業?

最後に気になるのは副業に関するSNSの問題でSNSなどから直接的な依頼は特に問題はなく例えば転売する場合は購入者とのやり取りが必須です。

販売に関してもSNSから直接的な依頼があるのは当然の流れですが、ただ個人でおこなうには事前に万全の知識をいれておきましょう。

企業などを通じてSNSで連絡を取る方法はリスクの可能性もすくないですが?

個人だと成果物を納品するまでの期間を含め報酬の未払いなども心配され企業とはちがい保障もないのでデメリットも予測する必要があり色々あってなにをすればよいのか悩んでいる人は?

まずは手始めにメルカリなどを利用するのも一つの手です。

自分の個人情報も洩れる心配もなくアプリを入れて登録すればすぐに始められ家にあるいらなくなったものなどから出品して様子をみてみましょう。

出品にあたり送料などの問題も発生するのでサイトの仕組みをよく把握することが大切です。

趣味を生かしてSNSからすでに発信されている方は信頼できるフォロワーを通してマーケティングをするのも良いです。

#副業 #会社 #就業規則 #副収入 #ブログ #ミコトウェーブ

投稿日:2021/11/13 12:00 書いた人:Mikoto Mikaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です