『500円玉貯金』で50万円達成しましたコツは無理なくコツコツと継続することが大切です

私は学生の頃から『小銭貯金』をしています。始めの頃は『1円玉』『5円玉』『10円玉』を貯金箱に入れていましたが

働き始めてからは『50円玉』『100円玉』『500円玉』などのも小銭貯金するようになり今回は『500円玉』専用貯金箱が満タンになったので

みこと

『500円』玉貯金のコツの紹介と実際に幾らになったのか数えてみました

500円玉貯金とは

『500円玉貯金』とはお財布に入っている『1円玉』『5円玉』『10円玉』『50円玉』『100円玉』『500円玉』のうち『500円玉』だけ貯金箱に入れていく方法です。

『貯金』する為に『節約』してみたけどあまり成果が出ないでずに途中で挫折して諦めてしまった方にはマイペースでコツコツ続ける事ができて他の『貯金』『節約方法』より簡単に貯金する事ができて無理なく『10万円』以上貯金する事もできます。

500円玉貯金のやり方

塵も積もれば山となる

『500円玉』貯金を諦めずに続ければ確実に貯金することができます。

500円玉貯金を始めるには
1:使い道や目標を考える事
2:貯金箱選びが大切
3:最初は少ない金額で
4:お釣りを500円玉で貰う

使い道や目標を考える事

『500円玉貯金』をした事は有るけど諦めてしまった方たくさんいると思います。『 500円玉貯金』で50万円を達成するにはまず始めに大切な事は

10万円貯めて、30万円貯めて、50万円貯めて『〇〇が欲しい』『◯◯に旅行に行きたい』『美味しいものを食べたい』など使い道や目的を決めると途中で挫折する事がなくなり目的の為に貯金がする事が出来ます。

みこと

私が『小銭貯金』を始めた理由は◯◯が欲しいから貯金を始めたのではなくお財布の小銭が邪魔だからという理由でした

貯金箱選びが大切

小銭貯金は始めるにはまず貯金箱を選ぶ事が大切です『500円玉貯金』など小銭貯金をする時にオススメの貯金箱は

正直小銭が入れば貯金箱でなく空き缶やペットボトルなど何でも大丈夫です

ペットボトルを使って小銭貯金をするなら『500円玉』が入る穴の大きさの4Lの焼酎がオススメです(私はお酒が飲めないので知り合いにペットボトルを貰ってきました)

他には今回『500円玉』貯金で使っているRITZの缶は満タンで約27万円貯める事ができます。

『空き缶』『ペットボトル』を貯金箱として使う場合はフタが開けられるので、どの位貯まったか確認することができて便利ですが

みこと

フタを開ける事ができるので誘惑に負けて小銭を抜き出す事ができるのが欠点にもなります

そこで誘惑に負けてしまいそうな方にオススメな定番の貯金箱で『30万円貯・ま・るBANK』50万円貯・ま・るBANK100万円貯・ま・るBANKなど缶切りでフタ開ける貯金箱がオススメです。


缶切りで開けるタイプでも小銭を入れる穴に厚紙や定規入れて貯金箱をひっくり返すと小銭を抜き出す事が出来ます

その他にはダイソーなどの100均ショップにも貯金箱になりそうな入れ物はたくさんありますお気に入りの貯金箱を探してみるのもイイかもしれませんね。

最初は少ない金額で

小銭貯金を始めたいけど途中で挫折してしまうかも?という方は、いきなり『30万円』『50万円』貯めるのは難しいので、最初は『5万円』『10万円』など少ない金額を目標にして貯金してみましょう。

この記事は『500円玉』貯金について書いていますが、チョットキツイかなと思った方は『1円玉』『5円玉』『10円玉』『50円玉』『100円玉』など他の小銭も混ざってもいいので貯金箱を満タンにしてみるのもいいかもしれません。

チョット小銭貯金をやってみようかなという方は10万円貯・ま・るBANKで始めるのもいいかもしれません。

みこと

一度貯金箱を満タンにすることができると小銭貯金が面白くなり更に貯金できるようになります

お釣りを500円玉で貰う

買物をする時はなるべくお釣りを『500円玉』で貰うようにしています。

例えば買物でお会計が400円の場合は『500円玉』を使わないで『1000円札』を使用してお釣りを貰います。会計は600円の場合は1100円を支払い『500円玉』でお釣りを貰うようにしています。自動販売機では『1000円札』を使用してもお釣りが100円玉ででてくる場合があります。

500円玉貯金で50万円貯められる

本当に『500円玉』貯金で30万円、50万円貯める事が出来るのか?答え500円玉貯金で50万円貯める事は出来ます。

10万円なら500円玉×200枚
30万円なら500円玉×600枚
50万円なら500円玉×1000枚
100万円なら500円玉×2000枚


先程紹介したやり方で1日1枚のペースなら1ヶ月で30枚(1万5千円)期間は30万円貯まるには20ヶ月で50万円の場合は33ヶ月掛かります。50万円貯めるではなく500円玉を1000枚貯めると思ったほうが貯めやすいかもしれません。

実際に数えてみました


500円玉を数えていくと懐かしい『長野オリンピック』の記念コインを発見しました

当時中学生位の時に持っていて絶対使わないで取っておくと決めていたのですがお金が足りず使ってしまいその後入手することが出来ませんでしたが知らない間に入手していました。この記念コインは今度こそ使わないで保管しておこうと思います。


500円玉×1060枚で53万円になりました

500円玉でピラミッドを作ってみた

せっかく数えたので500円玉1060枚を使ってなるべく大きいピラミッドを作ってみました。


合計1017枚の500円玉を使って15段508500円のピラミッドを作りました。さすがに枚数が多く500円玉を積み上げていくのにかなり時間が掛かってしまいました。本当にチリも積もれば山になり一財産になりました。

この写真は2019/12月に撮影したもので現在はRITZ』缶の3つ目がもう少しで満タンになりそうなので貯まったら紹介したいと思います。


mikotoniomakase.com

500円玉貯金(まとめ)

『小銭貯金』は簡単に始める事ができて10万円貯金する事も可能です。いきなり500円玉貯金は難しいかもしれませんが無理なら◯◯円貯金と固定しないで財布に入り切らない小銭を入れていけば無理なくコツコツと貯金ができる。

『欲しかった物を買う』『旅行に行く』『美味しいものを食べに行く』など目的を持てば楽しく貯金ができて途中で挫折することも最後まで貯金する事が出来ます。

みこと

小銭貯金は他の節約と違い金額は少ないですが自分のペースで簡単に始める事ができるので興味のある方はお試し下さい

#みことにおまかせ/ひきこもりのブログ講座 #ブログ初心者 #貯金 #節約 #小銭貯金 #500円玉 #500円貯金 #貯金箱

投稿日2020/07/05 21:00 書いた人Mikoto Mikaka



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です