ロリポップからConoHa WING(コノハウィング)レンタルサーバーに移行して実際に使ってみた感想と移行手順を解説

ロリポップからConoHa WING(コノハウィング)レンタルサーバーに移行して実際に使ってみた感想と移行手順を解説

ことみ

WordPressでブログを始めたいけどロリポップレンタルサーバーとConoHa WING両方とも魅力すぎてどちらにしようか迷います

このブログはロリポップレンタルサーバーで契約をして約2年間運営してきましたが

契約更新のタイミングで移行するか・そのまま更新するか悩んだ結果ConoHa WING(コノハウィング)レンタルサーバーに移行する事にしました。

みこと

今回はロリポップレンタルサーバーとConoHa WINGで迷っている方に向けて2つのサーバーを実際に使ってみた感想と移行手順を解説します


ロリポップレンタルサーバーのメリットとデメリットは?

ロリポップはGMOペパボ株式会社が運営する老舗のレンタルサーバーで一昔前は月額料金が安いけどサーバーの性能・表示速度が遅いと言われていましたがサーバーの強化をして今現在では安いだけとは言わせないと爆速宣言をして高速でコスパ最強のレンタルサーバーになりました。

ブログを始めた時にもロリポップとConoHa WINGのどちらで始めようか迷いましたが 私はロリポップレンタルサーバーでブログを始める事にしました。

ロリポップはGMOペパボ株式会社が運営する老舗のレンタルサーバーで一昔前は月額料金が安いけどサーバーの性能・表示速度が遅いと言われていましたが

サーバーの強化とバージョンアップを繰り返して今現在では安いだけとは言わせないと爆速宣言をして高速でコスパ最強のレンタルサーバーになりました。

ロリポップレンタルサーバーはコスパ重視で月220円からWordPressが利用出来る(メリット)

ロリポップレンタルサーバーを選んだ理由は最初はブログを書いても一日のアクセス数が1桁で誰にも読まれなず直ぐに辞めてしまうのではと思い

サーバー容量・表示速度・転送容量などよりも月額料金を重視して

毎月の月額料金が安く月ライトプランの長期割引で220円~WordPressサイトが簡単に運営できるコストパフォーマンス最強のロリポップレンタルサーバーを選びました。

ロリポップレンタルサーバー月額料金

プラン月額料金容量Webサーバー転送容量
ライト月額  220円~160 GBApache15TB/月
スタンダード月額  440円~250 GBApache24TB/月
ハイスピード月額  550円~350 GBLiteSpeed30TB/月
エンタープライズ月額 2,200 円〜1 TBLiteSpeed36TB/月

実際にブログを始めた時はライトプランの6ヶ月(385円)でスタートして

契約更新をする頃には少しずつアクセス数が増えてきた為スタンダードに変更してその後ハイスピードプランの12ヶ月(825円)に変更しています。

プラン変更は現在利用しているプランから下位プランに変更が出来ないので注意です。

ロリポップレンタルサーバーは料金面でコスパ最高だけど読込速度が遅いと言われますが?

ハイスピードプランでは LiteSpeed を採用して他のレンタルサーバーと比べてもほとんど差が無くPageSpeed Insightsでの速度結果はモバイル表示でも

ハイスピードプランでは LiteSpeed を採用して他のレンタルサーバーと比べてもほとんど差が無くPageSpeed Insightsでの速度結果はモバイル表示でも画像やAdsense広告を4つ貼り遅延読込をすると平均で80代前半のスコアを出す事が出来るので550円~の月額料金でも高速なWebページを作る事が出来ます。

画像やAdsense広告を4つとYouTube動画を貼った状態でも遅延読込をすると平均で80代前半のスコアを出す事が出来るので550円~の月額料金でも高速なWebページを作る事が出来ます。

自動バックアップ・データ復元に追加料金が掛かる?(デメリット)

そんなコスパ最強なロリポップレンタルサーバーですがデメリットも有りデータの自動バックアップとデータの復元が月額基本料金に含まれていない為

7世代バックアップ月額330円のオプションサービスを契約するとConoHa WINGより月額料金が高くなります。

そんなコスパ最強なロリポップレンタルサーバーですがデメリットも有りデータの自動バックアップとデータの復元が月額基本料金に含まれていない為7世代バックアップ月額330円のオプションサービスを契約するとConoHa WINGより月額料金が高くなります。

定期的にバックアップをして

WordPressサイトが壊れたなどトラブル時には復元作業が必要になります。

ロリポップレンタルサーバーでは7世代バックアップを契約していない場合は復旧手数料11,000円掛かってしまうのはかなりの負担になります。

ハイスピードプランでは自動バックアップ機能が有るので

長期契約すればお得かなと思っていましたがカスタマイズする時にWebページが開けなくなりデータ復元機能を利用しようとしたらどこにも

バックアップデータの復元する項目が無く調べた結果?

ハイスピードプランではデータのバックアップのみでデータの復元は自分でやるか復旧手数料11,000円 を払って依頼するかになります。

最終的には自力で復旧しましたがちゃんとサービス内容を確認しないのがイケないのですが私みたいに勘違いしている方もいると多い思うので注意してください。

自分で定期に気にバックアップデータを取ってトラブル時に復元できる方にはコスパ最強ですが

WordPressサイトを作り始めた頃はサイトが壊れてもダメージが少ないので申込まなくても大丈夫ですが

不安な方は7世代バックアップのオプションサービスはある程度記事が増えてきたら必ず申込みましょう。

※最上位のエンタープライズプランでは自動バックアップ復元機能が利用出来ます。

みこと

ロリポップレンタルサーバーはコスパ最強でこれからブログを始めたい・なるべくお金を掛けずにWordPressサイトを作ってみたい方にお勧めです

月額料金を抑えたい

LiteSpeedを採用した高速なハイスピードプランが月額550円~利用可能10日間無料体験有り

ConoHa WING(コノハウィング)レンタルサーバーに移行した理由

ConoHa WING(コノハウィング)はGMOインターネットから2018年に提供開始された比較的新しいレンタルサーバーで高性能で低価格でオールSSD・独自にチューニングしたキャッシュ機能・LiteSpeed LSAPIの採用した最新技術が駆使した国内最速のレンタルサーバーと呼ばれています。

ConoHa WING(コノハウィング)はGMOインターネットから

2018年に提供開始された比較的新しいレンタルサーバーで高性能で低価格でオールSSD・独自にチューニングしたキャッシュ機能・LiteSpeed LSAPIの採用した最新技術が駆使した

国内最速のレンタルサーバーと呼ばれています。

ConoHa WINGは国内最速で自動バックアップ・復元機能が優秀

ロリポップレンタルサーバーはWordPressサイトが月額220円~作れて読込速度も速くコスパ最高ですがConoHa WINGに移行した理由は?

オプション追加ではなく月額料金の中に自動バックアップとデータ復元料金が含まれ

ロリポップでブログを始めた頃は自分で定期的にバックアップデータを取りトラブル時も自分で復元すればいいと思っていましたがConoHa WINGベーシックプランが36ヶ月の長期プランが

ロリポップの月額基本料金 + 7世代バックアップ(月300円)料金とほとんど変わらずに

国内最速と言われているサーバーならもう少し読込速度が上がるのではと思いConoHa WINGに移行しました。

ConoHa WING月額料金(WINGパック)

プラン月額料金容量Webサーバー転送容量
ベーシック月額 660円~300 GBLiteSpeed LSAPI27TB/月
スタンダード月額 1,733円~400 GBLiteSpeed LSAPI36TB/月
プレミア月額 3,465円~500 GBLiteSpeed LSAPI45TB/月

WINGパックの月額料金は1ヶ月契約の場合1,320円と割高で

12ヶ月以上の長期割引では大幅に安くなるのでお勧めでお試しで使ってみたい方には通常プラン1時間当たり2.2円のプランも有ります。

ロリポップとConoHa WINGの読込速度は?

ConoHa WINGベーシックプランに移行して再度

PageSpeed Insightsでのモバイル表示のスコアを測るとロリポップの時は80代前半から80代後半になり若干ですがスコアが上昇しました。

ConoHa WINGベーシックプランに移行して再度PageSpeed Insightsでのモバイル表示のスコアを測ったらロリポップの時は80代前半から80代後半になり若干ですがスコアが上昇しました。

ただし大幅に読込速度の変化は無いのでロリポップレンタルサーバーのハイスピードプランとほとんど差が無く月額料金に対しての読込速度はロリポップは優秀だと思いました。

美雲このはちゃんが可愛すぎる

国内最速のサーバーと呼ばれていますがロリポップとサーバーのスペックはほぼ同じ月額料金も自動バックアップ・データ復元のオプションを契約した金額はほぼ同じなら

サーバーを移行するのはリスクもあり面倒なのでそのまま継続しようと

悩んでいましたが移行を決めた最後の理由はConoHa WINGの応援イメージキャラクターの美雲このはちゃんが可愛すぎると言うオタク心からでした。

美雲このはちゃんは座敷童でひょんなことからレンタルサーバー「ConoHa」の応援団長となるとともにデータセンタでお手伝いをしています。

CV:は人気声優の上條すみれさんが担当していてイメージキャラクターにも力を入れていて音楽CDを出したりTwitterでは定期的に4コマ漫画を公開しているので応援したくなりますね。

WordPressかんたん移行はちょっとだけ面倒?

他社サーバーからConoHa WINGに移行する場合は?

WordPressかんたん移行で他社サーバーから簡単に移行する事が出来ますが

ちょっとだけ面倒ですんなり移行できる場合も有れば何らかのエラーで移行できない場合は手動でWordPressサイトを移行する必要が有ります。

WordPressかんたん移行手順

☑  旧サイトのプラグインを全て停止する

旧レンタルサーバー側のPHPのバージョンを確認

☑ WordPressかんたん移行でバックアップ

エラーで移行できない場合は手動で

ネームサーバーの変更

WordPressかんたんSSL化

旧サイトのプラグインを全て停止する

WordPressかんたん移行を利用する場合はセキュリティ対策や何らかのエラーにより簡単移行が出来ない場合があるのでインストールしているプラグインを全て無効化します。ダッシュボード➡プラグイン➡インストール済みプラグインからプラグインを無効化します。

WordPressかんたん移行を利用する場合はセキュリティ対策や何らかのエラーにより簡単移行が出来ない場合があるのでインストールしているプラグインを全て無効化します。

ダッシュボード➡プラグイン➡インストール済みプラグインからプラグインを無効化します。

ConoHa WINGに無事に移行出来たらプインストールしたプラグインを再び有効にしてください。

旧レンタルサーバー側のPHPのバージョンを確認

ConoHa WINGサーバーに移行するときに「かんたん移行」を使ってもうまく移行できない場合が有り私の場合は

予期せぬエラーの為かんたんに移行する事が出来ずに苦労しました。

移行元にプラグインがインストールできません・移行元サーバー接続エラー・移行先にログインができませんなどの場合はWordPressかんたん移行の

エラーについてを参考にすれば問題を解決出来ますが予期せぬエラーの場合は問題解決の方法が詳しく書かれていない為原因を調べるのに苦労します。

予期せぬエラーの対処方法

移行元のデータ量が影響している場合が有るので不要なデータを削除

旧サイト側のPHPのバージョンを下げる

WordPressのプラグインが影響している可能性が有るので不要なプラグインの削除および無効化する

私の環境では移行元のデータ用要は300MB程なのでデータ容量が影響しているという理由はなくWordPressのプラグインは事前にすべて無効にしているのでその他に原因で考えられる事は?

ロリポップ側のPHPのバージョンを8.0に上げてから一部のプラグイン

sns count cacheやその他にもいくつかエラーになり動かなかった物が有ったので試しにPHP7.4に下げて再度かんたん移行を利用したら無事に移行する事が出来ました。

予期せぬエラーがでた場合は旧サーバー側のPHPのバージョンを下げる事で問題が解決する場合が有るのでお試しください

ロリポップレンタルサーバー側のPHPのバージョンを変更する場合は?

ロリポップ管理画面のサーバー管理の設定➡PHP設定項目から変更したいドメインのPHPのバージョンを変更します。

ロリポップ管理画面のサーバー管理の設定➡PHP設定項目から変更したいドメインのPHPのバージョンを変更します。

WordPressかんたん移行でバックアップ

まず始めにConoHa WINGに移行したいドメイン名を追加します。

まず始めにConoHa WINGに移行したいドメイン名を追加します。

ドメインの追加方法は管理画面のDNS➡「+ドメイン」をクリックドメイン名を入力➡保存をクリック

管理画面のサイト管理をクリックすると先ほど登録したドメインが登録されます(複数ドメインが有る場合は切り替えをクリックして変更します。)

右上の「+WordPress」をクリックして簡単移行を選択して移行に必要な情報を入力します

管理画面のサイト管理をクリックすると先ほど登録したドメインが登録されます(複数ドメインが有る場合は切り替えをクリックして変更します。)右上の「+WordPress」をクリックして簡単移行を選択して
 移行に必要な情報を入力

インストール方法をかんたん移行

テスト移行を利用する・利用しないを選択

バージョンは今現在のWordPressのバージョンを選択

移行元URLはConoHa WINGに移行するURLを入力

サイトのURL WWWありWWWなしを選択

移行元のユーザー名とパスワードはWordPressサイトのID とパスワードを入力

データーベースのパスワードを入力

必要な項目をすべて入力して保存をクリックすると旧サーバーからのデータのバックアップが始まりステータス画面が完了になれば無事に移行出来た事になります。

必要な項目をすべて入力して保存をクリックすると旧サーバーからのデータのバックアップが始まりステータス画面が完了になれば無事に移行出来た事になります。記事数・画像・動画データが少ない場合は5分~10分位で移行できます。

記事数・画像・動画データが少ない場合は5分~10分位で移行できます。

かんたん移行がエラーで失敗しても旧サーバー側の情報は消えないので安心してください!

エラーでかんたん移行出来ない場合は手動で

エラーでかんたん移行が出来なかった場合はサポート画面を見ながらエラー内容によっての対応方法を確認して再度試してください。

何回やってもかんたん移行でエラーになってしまう場合は手動で

WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」を利用してバックアップデータを取りConoHa WING側のサイトでアップロードする事で

比較的簡単に移行する事が出来ますが「All-in-One WP Migration」はエクスポート(バックアップ)する時のデータサイズは512MBまで可能ですが?

何故か無料版では無料版ではインポート(アップロード)出来るファイルサイズは32MBまでなので

画像や動画データを利用している場合は分割して移行する事もできますが有料版は69ドル日本円で約8000円ほど掛かり確実に移行できる保証は無いので

ConoHa WINGでは他社サーバーでお使いの方でWordPressサイトを自分の手間無く

ConoHa WINGでは他社サーバーでお使いの方でかんたん移行が出来なかった・WordPressを自分の手間無くConoHa WINGへ移行できるWordPress移行代行をサービス1サイト7,678円/サイトで移行にかかる作業はすべて専門のプロが代行するの事も出来るので

ConoHa WINGへ移行できるWordPress移行代行をサービス1サイト7,678円/サイトで移行にかかる作業はすべて専門のプロが代行するサービスも有るので

かんたん移行が利用出来なくて手動で移行を試したけどもうまくいかない方の場合は

「All-in-One WP Migration」の有料版と金額がほとんど同じなのでWordPress移行代行サービスを利用しても良いかもしれません。

ネームサーバーを変更する

旧レンタルサーバーからConoHa WINGにデータの移行が出来たら最後にネームサーバーの変更をします。

私はお名前.comを利用していますが管理画面は分かりずらく戸惑ってしまいますが作業的には簡単なのでぜひ参考にしてください。

お名前.comでネームサーバーを変更するには?ログイン後のTOページからネームサーバーを変更するを変更するをクリックします。

お名前.comでネームサーバーを変更するには?

ログイン後のTOページからネームサーバーを変更するを変更するをクリックします。

ネームサーバーを変更したいドメインに☑を入れてネームサーバーの選択でその他サービスをクリックするとネームサーバーを変更する事が出来ます。

ネームサーバー情報をConoHa WINGに変更する場合は?

ネームサーバー1ns-a1.conoha.io
ネームサーバー2ns-a2.conoha.io
ネームサーバー3ns-a3.conoha.io

こちらに変更すれば準備完了で旧レンタルサーバーからConoHa WINGに切替わるのに

数時間から最大で72時間ほど掛かる場合があります。

ネームサーバーの入力を間違えると切替わったタイミングで

Webページが見れない状態になるの設定を失敗してもアクセス数に影響が出ない曜日や深夜帯などに切り替えることをお勧めします。

WordPressかんたんSSL化

ネームサーバーを変更してConoHa WINGでWebページが表示されるようになったら

WordPressかんたんSSL化を使ってWordPress内のサイトURLの設定変更やデータベース内・ページ内のリンク等のhttpとなっている箇所についてhttpsへ変更するように設定します。

WordPressかんたんSSL化の設定方法は?

WordPressかんたんSSL化を使ってWordPress内のサイトURLの設定変更やデータベース内・ページ内のリンク等のhttpとなっている箇所についてhttpsへ変更するように設定します。

サイト管理のサイト設定からかんたんSSL化のSSL有効化をクリックするだけで完了です。

SSL有効化をしても反映されていない場合はサイト管理のセキュリティから無料独自SSLをONになっている事を確認しましょう。無料独自 SSLでもセキュリティ対策としては十分ですがフィッシング対策審査を実施しており、さらに手厚いサポートを受けることが可能な月額2,200円のオプションプランもあります。

SSL有効化をしても反映されていない場合はサイト管理のセキュリティから無料独自SSLをONになっている事を確認しましょう。

*無料独自 SSLでもセキュリティ対策としては十分ですがフィッシング対策審査を実施しており、さらに手厚いサポートを受けることが可能な月額2,200円のオプションプランも有ります。

Web速度がとにかく速い

美雲このはが可愛く・国内最速・使いやすい・初期費用無料のお勧め高速レンタルサーバー

ロリポップとConoHa WINGの両方を使ってみた感想

今回はロリポップレンタルサーバーからConoHa WINGに移行したので両方を実際に使ってみた感想はどちらも初めての方でも簡単にWebページを作る事が出来て

分かりやすい管理画面使いやすく・サーバーのスペック的もほとんど変わらないので

これからWordPressサイトを作ってみたいけど始めの頃は記事を書いても簡単にアクセス数は増えないのである程度安定するまでは月額料金を抑えて

月額220円~WordPressが利用出来るロリポップのライトプランから始めて上位プランに変更や自分に合ったサーバーに移行する方法が個人的にお勧めです。

Webサイトが壊れたなどいざという時の為に自動バックアップとデータの復元機能は重要になりConoHa WINGでは月額基本料金に含まれていますが

ロリポップとConoHa WINGの月額料金の差は7世代バックアップを利用する・しないの差で

記事が少し増えてから・定期的にバックアップデータを取り自分で復旧するから不要など月額330円の差をどう考えるかで自分に合ったサーバーを選びましょう。

みこと

ロリポップとConoHa WINGレンタルサーバーは両方とも使いやすくコスパが良いので迷っている方はぜひ参考にして下さいね

#ロリポップレンタルサーバー #ConoHa WING #WordPress #サーバー移行

投稿日: 2022/01/08 21:00 書いた人: Mikoto Mikaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA