【レビュー記事】動画編集ソフトEaseUS Video Editorを使ってみた

【レビュー記事】動画編集ソフトEaseUS Video Editorを使ってみた

ことみ

YouTubeやブログに動画を編集して掲載したいけど沢山あるから動画編集ソフトはどれを選べばいいのか迷っています

YouTubeやブログに動画を掲載する為に必要なのが動画編集ソフトです。

動画編集ソフトと言っても初心者向けの価格が安い物から上級者向けの編集機能が多いものまで沢山ありどれを選べばいいのか迷ってしまいますね。

今回はEaseUS様よりライセンス版をご提供して頂きましたのでEaseUS Video Editorの実際に使ってみて感想を紹介したいと思います。

みこと

動画編集ソフトをお探しの方に選択の一つとして参考にしていただければなと思います

動画編集ソフトEaseUS Video Editorとは

EaseUS Video Editorとはイーザスソフトウェアが開発販売したシンプルな操作画面で編集画面を見ただけで直感的に使いやすい動画編集ソフトで具体的には

EaseUS Video Editorとは
トリミング・カット・分割・合併・回転・逆再生・再生速度などの編集が簡単
50個以上の動画エフェクトで動画は想像以上にカラフルになる
動画に好きな音楽を入れることが出来る

これから動画編集を始めてみたい初心者の方にも簡単に編集が出来おすすめの動画編集ソフトです。

EaseUS Video Editorの動作環境

システム要件Windows 7/8/10
対応する動画/音声フォーマット動画 – avi、mpeg、wmv、mp4、movなど音声 – wav、mp3、m4a、mid、flac、aac、wma、au、aiff、oggなど
対応する写真のフォーマットbmp、jpg、png、gif、tif、heicなど
対応するデバイスポータブルデバイス:Apple、Samsung、HTC、SanDisk、Sony、LG、Huawei、BlackBerry、AmazonなどWindows Media Player 11及びそれ以降のバージョンDirectX: Microsoft DirectX 9.0c及びそれ以降のバージョン

みこと

今現在ではWindows版のみ対応です『MacOS』にも対応すればとてもいいソフトになると思います今後に期待ですね

無料体験版(Trial版)とPRO版(有料版)の違い

動画の時間制限なし・全機能を利用50種類以上ある中の一部の素材が利用できる・編集した動画を高解像度で変換できない・左上にEaseUS Video Editorにロゴが入る
体験版と製品版の違い
動画の時間制限なし
全機能を利用
50種類以上ある中の一部の素材が利用できる
編集した動画を高解像度で変換できない
左上にEaseUS Video Editorにロゴが入る

みこと

機能に制限が有りますがまずは動画編集時間の制限が無いので動作確認などを含めて無料体験版を使ってみましょう
PRO版(有料版)には3つの料金プランがあり技術サポートと無料のアップグレード版を使う事ができ定期的にキャンペーン・セット割引もあるのでぜひ利用しましょう。
3つの料金プラン
1ヶ月間ライセンス 3,590円
1年間ライセンス 5,990円
永久無料アップグレード 9,590円

おすすめは永久アップグレード版で一度の出費で永久にソフトが利用でき新しいバージョンが配布される度無料でアップグレードする事が出来るのでとてもお得です。

EaseUS Video Editorのインストール方法

まずは公式サイトよりEaseUS Video Editorをダウンロードします。『今すぐ購入』『無料体験』好きな方を選んでインストールします。

インストール方法は言語選択を『日本語』にしOKをクリックするとセットアップウィザードが表示されるので使用規約に同意して進んでいくだけなので特に難しくは有りません。無事にインストールが終わったらEaseUS Video Editorを使ってみましょう。

インストール方法は言語選択を『日本語』にしOKをクリックするとセットアップウィザードが表示されるので使用規約に同意して進んでいくだけなので特に難しくは有りません。無事にインストールが終わったらEaseUS Video Editorを起動して使ってみましょう。

EaseUS Video Editorの使い方

動画の編集方法はEaseUS Video Editorを立ち上げたら画面サイズを選択します。

9:16(スマホ縦画面)/16:9(横画面)/4:3(標準)の3種類の画面比率から選択します。
画面比率の選択
9:16(スマホ縦画面)/16:9(横画面)/4:3(標準)の3種類の画面比率から選択します。

みこと

今回は16:9(横画面)を選択して動画編集をしたいと思います

素材を選択する

画面比率を選択したら動画編集する為の素材を選択します。

元になる動画を選択するには素材➡OP・人気素材・背景からお好みで選択・自分でスマートフォンやスクリーンレコーダーで録画したmp4を編集したい場合はローカルを選択します。

画面比率を選択したら動画編集する為の素材を選択します。動画の元になる素材はOP・人気素材・背景からお好みで選択・自分でスマートフォンやスクリーンレコーダーで録画したmp4動画 を編集したい場合はローカルを選択します。

素材を選択したらトラックに追加か使用したいファイルをした赤枠に左クリックでドラックして移動しても追加できます。

BGM・効果音を追加する

編集する動画を選択したら次はBGM・効果音を追加してみましょう。

BGM・効果音のトラックを追加する方法は素材の追加と同じです。お好みのミュージックデータを追加したら♬マークの部分に反映されるのでBGMが0:00~1:00の間で流れるようになど右下赤枠を左右に動かし時間調整と編集画面からBGM・効果音のスピードと音量調整をする事が出来ます。

BGM・効果音を追加するにはミュージック➡MusicかSoundeffectからお好みの音楽を選択自分が作った音楽データなどを使いたい場合はローカルから.MP3ファイルを選択して使用する事が出来ます。


BGM・効果音のトラックを追加する方法は素材の追加と同じです。お好みのミュージックデータを追加したら♬マークの部分に反映されるのでBGMが0:00~1:00の間で流れるようになど右下赤枠を左右に動かし時間調整と編集画面からBGM・効果音のスピードと音量調整をする事が出来ます。

テキストを入力する

BGMを追加したら分かりやすい動画を作るために解説文章を追加しましょう。

テキスト文章を追加する方法はテキスト➡お好みのフォトンと選択してトラックを追加してⓉマークをダブルクリックか🖊マークをクリックで編集します。

BGMを追加したら分かりやすい動画を作るために解説文章を追加しましょう。テキスト文章を追加する方法はテキスト➡お好みのフォトンと選択してトラックを追加してⓉマークをダブルクリックか🖊マークをクリックで編集します。

まずは左上赤枠部分にテキスト文章を入力すると右側の画像部分に表示された文章の位置を調整します。下赤枠部分では動画0:00~5:00秒の間に表示されるようになど時間調整をします。

みこと

テキスト文章を音声変換する事もできますが今現在では発音がおかしいので感情表現や音声スピード調整が出来るように今後に期待です

完成した動画を出力する

動画編集が終わったらプレビュー画面から確認して大丈夫であれば動画を出力しましょう。

動画を出力する方法はメニューの出力からmp4 mp3 変換などお好みのファイル形式で変換します。無料体験版では1080pの高解像度で出力できません。

動画編集が終わったらプレビュー画面を確認して問題が無ければ動画を出力しましょう。動画を出力する方法はメニューの出力からmp4 mp3 変換などお好みのファイル形式で変換します。無料体験版では1080pの高解像度で出力できません。

動画のファイル名・保存先・ビデオフォーマット・品質を選択したら出力をクリックすると動画の変換が始まります。他にはダウンロードしたyoutube動画をmp3に変換したい場合は出力➡オーディオから音楽ファイルに変更する事が出来たりと

みこと

動画編集以外にも元データを別のファイル形式に変換する事もできます
こちらはGoogleの恐竜ゲームをEaseUS Video Editorで編集した動画です。

EaseUS Video Editorを使ってみた感想

EaseUS Video Editorはシンプルな操作で説明書を読まなくても直感的に編集ができるのでこれから動画編集を始めたい方にはおすすめの動画編集ソフトです。

無料ダウンロードができるのでまずはお気軽に使ってみましょう。体験版では機能に制限が有りますが2分間だけとか動画の長さに関係なく編集する事出来るので充分にお試しすることができます。そして実際に使ってみて気に入ったら製品版を使ってみてはいかかでしょうか。セット割引もあるのでEaseUS RecExpertsを利用する事でゲームの実況動画も作れるようになります。

みこと

動画編集ソフトを購入したいけどどれが良いのか迷っている方に高機能なEaseUS Video Editorを選択の一つにしてみてはいかかでしょうか

#EaseUS Video Editor #動画編集ソフト #youtube

投稿日2021/06/06 書いた人Mikoto Mikaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です