貯まる!500円玉貯金4Lのペットボトルを満タンにしたら138万円になったので小銭貯金を成功させるコツを紹介します

貯まる!500円玉貯金4Lのペットボトルを満タンにしたら138万円になったので目標金額を貯めるコツを紹介します

貯金をしたいけど何から始めればいいのか分からない

節約したけど思った以上に貯金できずに途中で挫折してしまった事は有りませんか?

いろいろな貯金方法が有り、その中でもお手軽に始められる貯金方法として500円玉貯金は簡単に貯められるイメージがあり多くの人が挑戦していますが途中で諦めてしまう方も多い貯金方法でもあります。

今回は過去数回500円玉貯金の記事を紹介しましたがついに全て500円玉だけで4Lのペットボトルを満タンにする事が出来たので

みこと

これから500円玉貯金を始めたい、途中で諦めてしまった方に目標金額を貯める為に最後まで諦めずに長く続けるコツと入金方法を紹介します

500円玉貯金とは

500円玉貯金とはお財布に入っている1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉のうち500円玉だけを貯金箱に入れる方法です。

500円玉貯金は500円玉と貯金箱が有ればいいので面倒な手続きをして貯金用の銀行口座を作らなくてもよくお手軽に自分のペースで貯金できるので比較的始めやすく

節約するよりゲーム感覚で500円貯金を始めるといつの間にか10万円貯まってなど、途中で飽きて長続きしない人でも最後まやり遂げる事が出来るのでとてもお勧めです。

逆に500円玉貯金のデメリット・向いていない方は

  • 500円玉貯金は少しずつ長期的にお金を貯める方法なので短期間でまとまった金額を貯めたい方
  • 500円玉貯金は500円玉を入手する必要がありますが最近では電子決済が普及している為、普段からクレジットカードやPayPayなどを利用している方

短期間でお金を貯めたい・電子決済を利用している方には500円玉貯金は向いていないかもしれません。

500円玉貯金を最後まで達成するコツは

みこと

500円玉貯金で目標金額を貯めるコツは誘惑に負けずにゲーム感覚で小銭貯金を楽しむ事が大切です

500円玉貯金はお手軽に自分のペースで貯金する事ができ、塵も積もれば本当に山になり目標金額を貯める事が出来ますがある程度お金が貯まると誘惑に負けても使えないようにする事が大切で具体的な方法は?

500円玉貯金を楽しむコツ
1:使い道や目標を考える
2:貯金箱選びが大切
3:最初は少ない目標金額から始めよう
4:お釣りを500円玉で貰う

使い道や目標を考える

500円玉貯金をした事は有るけど?

途中で諦めてしまった方も多くいるかと思います。500円玉貯金で途中で諦めずにを目標金額達成する為に一番大切な事は何となくで小銭貯金をするとある程度お金が貯まると誘惑に負けてつい使ってしまい本当に必要な時にお金を使う事が出来ないパターンです。

10万円貯めて、30万円貯めて、50万円貯めて『〇〇が欲しい』『◯◯に旅行に行きたい』『美味しいものを食べたい』など

誘惑に負けて挫折しない為にも使い道や目的を決める事で500円玉貯金で目標金額を貯める事が出来ます。

みこと

私が500円玉貯金を始めた切っ掛けは特に目標も無く財布に入っている小銭が邪魔だったという理由で何となく始めましたが長続きしています

貯金箱選びが大切

500円玉貯金が貯まったら〇〇に使いたいなど目標が決まったら目標と自分に合った貯金箱を選ぶ事が大切で10万円貯めたいなら10万円貯まる貯金箱、30万円貯めるなら30万円貯まる貯金箱など

目標金額に近い『◯◯円貯まる』と書いてある貯金箱を選びましょう。

貯金箱は小銭が入れば何でもいい方にはお茶やジュースの2Lのペットボトルがおススメですがその中でも特にオススメなのが

4Lの焼酎のペットボトルで蓋の穴が大きく他のサイズと違い500円玉が入るように切込み口を作らなくていいのでおススメです。

欠点はお酒が飲めない人は用意できない場合がある事で

私はお酒が飲めないので知り合いにペットボトルを貰いました。4Lのペットボトルを使う前は適当な空き缶を使いRITZ缶は500円玉で満タンにすると約27万円貯める事ができます

mikotoniomakase.com

空き缶やペットボトルを小銭貯金箱として使う場合は

スケルトンでフタも開けられるので、どの位貯まったか確認する事ができるので便利ですがいつでもフタが開けられるのが欠点でもあり誘惑に負けて今まで貯めてきた小銭を使ってしまう事もあります。

そこで誘惑に負けてしまいそうな方向けには

定番の貯金箱は『30万円貯・ま・るBANK』50万円貯・ま・るBANK』『100万円貯・ま・るBANKで途中でフタ開ける事が出来ない缶切りで開ける貯金箱がお勧めです。

みこと

缶切りで開けるタイプでも小銭を入れる穴に厚紙や定規入れて貯金箱をひっくり返すと小銭を抜き出す事が出来ます

その他にはダイソー・キャンドゥなどの100均ショップにも貯金箱になりそうな入れ物はたくさんありますお気に入りの貯金箱を探すのも楽しいですよ。

最初は少ない目標金額から始めよう

小銭貯金で30万円、50万円本当に貯められるか?

途中で諦めてしまうかもと不安な方には最初は少ない金額5万円、10万円を目標にして、いきなり500円玉のみ始めるのは少し大変だと思うので500円玉以外の小銭が混ざってもいいので一度貯金箱を満タンにしてみましょう。

小銭を貯金箱に入れると中身が見えないタイプでも少しずつですが貯金箱が重くなっている事が分かるようになりそれが楽しく最後まで続ける事が出来るようになり1度貯金箱を満タンにする事が出来れば2回目以降は途中で挫折しないで更に高い目標額を決めて小銭貯金をする事が出来ます。

10万円なら500円玉×200枚
30万円なら500円玉×600枚
50万円なら500円玉×1000枚
100万円なら500円玉×2000枚


500円玉を一日最低1枚貯金した場合は、1ヶ月で15,000円で1年間で18,0000円、一日3枚ペースの場合は年間54万円も貯金する事ができます。

みこと

500円玉貯金はゲーム感覚で楽しみ500円玉を1000枚貯めるぞーと考えると貯金しやすいです

お釣りを500円玉で貰う

500円玉貯金をするには買物をする時にお釣りを500円玉で貰うように調整する必要が有ります。

ただし全ての支払いの時に無理して500円玉を作って500円玉貯金に回すと銀行に行ってお金をおろす回数が増え曜日時間帯によっては手数料が掛かってしまうので、自分のペースで500円貯金したいなと思ったタイミングでコツコツやる事が大切です。

500円玉を作るには
会計が400円の場合は500円玉を使わないで1000円札を使用してお釣りを貰う。
会計が600円の場合は1100円を支払い500円玉でお釣りを貰う
自動販売機では1000円札を使用してお釣り貰う(100円玉で出る場合もあり)

みこと

日常生活の無駄遣い(お菓子・ジュース)などを我慢したりちょっとした工夫が貯金に繋がる事があるので自分に合った貯金術を見つけてください。

500円玉貯金の数え方

500円玉が少ない時はいいですが枚数が多くなると一枚一枚数えるのは面倒なので30万円貯まる貯金箱で半分貯まったから15万円位かなとかでもいいですが500円玉の重さは1枚約7gなので10万円なら約1.4Kg、50万円なら約7Kg、100万円なら約14Kgなど目標金額を超えたかなと思ったタイミングでザックリと計算します。

500円玉貯金がある程度貯まったらどのくらいの金額になったのか?数えたいですよね500円玉が少ない時はいいですが枚数が多くなると一枚一枚数えるのは面倒なので

30万円貯まる貯金箱で半分貯まったから15万円位かなとかでもいいですが500円玉の重さは1枚約7gなので10万円なら約1.4Kg、50万円なら約7Kg、100万円なら約14Kgなど目標金額を超えたかなと思ったタイミングでザックリと計算します。

みこと

4Lのペットボトルで500円玉を満タンにしたら約19Kgなのでザックリと計算して約137万円になります

コチラは実際に数えた500円玉貯金の結果で500円玉2763枚の内旧500円玉3枚と長野オリンピックの記念コイン1枚(右下)1,381,500円になりました。

コチラは実際に数えた500円玉貯金の結果で500円玉2763枚の内旧500円玉3枚と長野オリンピックの記念コイン1枚(右下)1,381,500円になりました。

500円玉を数えたついでに2763枚の500円玉を使ってなるべく大きいピラミッドを作りました計算方法はこちらで

500円玉を数えたついでに2763枚の500円玉を使ってなるべく大きいピラミッドを作りました計算方法はこちらで

合計2472枚の500円玉貯金を使って20段1,236,000円のピラミッドを作りました今回は枚数も多いのと向きも全て揃えたので3時間程掛かりました。ピラミッドの最大横幅サイズは50cm×50cmのタイルカーペットと同じサイズです。

合計2472枚の500円玉貯金を使って20段1,236,000円のピラミッドを作りました今回は枚数も多いので3時間程掛かりました。ピラミッドのサイズは50cm×50cmのタイルカーペットと同じサイズです。

500円玉貯金を入金する

500円玉貯金を数え終わったら銀行・郵便局に大量の小銭貯金を入金しましょう。一昔前までは窓口でも大量の小銭を入金する場合は手数料が掛かりませんでしたが枚数によって手数料が掛かります。

硬貨持込枚数手数料金額(税込)
1~100枚無料
101~500枚550円
501~1,000枚1,320円
1,001枚~1,980円(以降500枚毎660円を加算)

コチラの表は私が利用しているみずほ銀行の場合は500円玉2763枚を窓口で入金すると3960円の手数料が掛かります。

手数料が掛からずに大量の小銭を入金するには少し面倒ですがATMでひたすら100枚づつ入金する方法で枚数が多いとかなりの時間が掛かってしまうので銀行のATMの台数によっては他のお客さんの迷惑になってしまうので様子を見ながら入金しましょう。

そして効率よく入金するには事前に100枚以上ATMに小銭を入れると一度に入金できる枚数が超えましたとエラーが表示されその分時間が掛かるので事前に100枚毎に分けると良いかもしれません。

みこと

大量の小銭をATMに入金する時は銀行員の方に相談すると一番端のATMを独占して使っていいよ言われるので相談する事で効率よく入金出来ます

500円玉貯金(まとめ)

  1. 500円玉貯金は500円玉と貯金箱が有ればいいので面倒な手続きをして貯金用の銀行口座を作らなくてもよくお手軽に自分のペースで貯金できるので比較的始めやすくゲーム感覚で楽しく貯金をする事が出来ます。
  2. 『欲しかった物を買う』『旅行に行く』『美味しいものを食べに行く』など目的を決めると楽しく貯金ができて途中で挫折することも最後まで貯金する事が出来ます。
  3. 大量の小銭を入金する場合は銀行によって多少違いが有りますが手数料が発生するのでATMで100枚以内なら手数料が掛からないので少しずつ入金をする、銀行員の方に相談すればATMを独占して使える場合があるので効率よく入金出来ます。

みこと

500円玉貯金は他の節約と違い金額は少ないですが自分のペースで簡単に始める事が出来るのとてもお勧めです興味のある方はお試し下さい

#貯金 #節約 #小銭貯金 #500円玉 #500円貯金 #貯金箱

投稿日2021/07/11 14:00 書いた人Mikoto Mikaka


1 COMMENT

500円玉貯金箱が満タンになったので幾らになったのか数えてみました | みことの引きこもりブログ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です